【安田記念2019 展望】アーモンドアイvsダノンプレミアム

スポンサーリンク

こんばんは!

ダービーが終わってひと段落と行きたいところですが、現在POGのドラフトにあたふたしております!

この時間がまた楽しいんですけどね(笑)

今週の安田記念はアーモンドアイとダノンプレミアムの直接対決ということで注目を集めていますが、馬券で勝負するようなレースにはならないのではないでしょうか。

 

安田記念 展望

 

2019年6月2日に東京競馬場、芝1600mで行われる安田記念の展望です!

今年の安田記念の主な出走予定馬は、アーモンドアイ、ダノンプレミアム、アエロリット、ステルヴィオ、インディチャンプ、サングレーザーなど。

 

過去5年のデータ

東京のマイル戦で行われる安田記念ですが、このレースは年によって大きくレベルが異なるのが特徴。

今年は、アーモンドアイとダノンプレミアムが直接対決するというこで大きな注目を集めているが、それ以外のメンバーも好メンバーが揃った。

ヴィクトリアマイルでレコードを演出したアエロリットがいますし、日本を代表する馬が2頭いるので勝ち負けだけでなく、どのくらいのタイムが出るのかも注目です!

 

出走馬一言考察

 

アーモンドアイ

この馬のここまでの競馬を考えれば、簡単に飛ぶことは考えにくい。

ジャパンカップで超高速馬場は経験しているので、馬場の不安はないがよほど枠に恵まれでもしない限り、1600mではジャパンカップのような位置取りはできないはず。

前走の海外の競馬も勝ちはしたものの、それほど褒められた内容ではなかったので海外帰りでフルパフォーマンスを発揮できないと今の馬場で追い込むのは厳しいかも。

 

ダノンプレミアム

ダービーから大きく感覚をあけてどうかという不安があったが、ここ2走でその不安は一掃されたと言っていいだろう。

川田騎手なら好位からの競馬をするはずだし、内枠を引ければ素直にこの馬が本命馬でもいいのでは?

 

アエロリット

前走は海外帰りの影響があったのかスタートからの行き脚が良くなく、強引にハナを奪いにいったために、早いペースになりすぎた。

いくら休み明けを苦にしないタイプだとは言え、海外遠征(しかもアメリカ)帰りはでは少なからず影響はあっただろう。

内枠を引いてロスなくハナを奪えれば、面白い存在だろう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走は負けてしまったが、枠順とコース取りの差が大きかった。

目標は初めからここだっただろうし、高速馬場でこれ以上は物理的に無理なのではと思わさる上がりを使えている。

外枠を引くとちょっと厳しそうだが、内枠なら。

スポンサーリンク