【大阪杯2019 予想】ペースの流れる2000m戦ならこの馬!

スポンサーリンク

 

こんばんは!

ダービー卿チャレンジトロフィーはすみませんでした(>_<)

まさか、1.31.7なんて時計が出るとは…

 

この後はドバイもあるので、明日の大阪杯まで存分に競馬を楽しみましょう!

 

2019年3月31日に阪神競馬場、芝2000mで行われる大阪杯の予想です!

今年の大阪杯の主な出走予定馬は、ブラストワンピース、キセキ、ワグネリアン、エアウィンザー、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、サングレーザーなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→大阪杯 展望

 

大阪杯 予想

 

ドバイワールドカップデーと日程がかぶってしまって、メンバーが分散されてしまうかと思ったがGⅠ馬8頭を含むなかなかの好メンバー。

まあ、アーモンドアイとダノンプレミアムがいないんですが(^^;

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

ずっと大阪杯で狙いたいと思っていたこの馬が本命!

この馬は瞬発力がないので、切れ味勝負では勝ち目がないが、小回りの流れる2000m戦はこの馬が最も合っている条件。

前走は、急遽の乗り替わりだったとはいえ、スタートからダラダラと外々を回らされる競馬になったし、ダービー以来の左周りに戸惑っているような印象を受けた。

今回は内枠を引いてくれたし、この並びならスッと最内のポジションを確保できそう。

キセキの後ろをぴったり回ってくる競馬ができれば。

 

対抗〇ペルシアンナイト

この馬は1600mがベストというよりも、スローの競馬が苦手なタイプ。

今回はキセキが緩めず引っ張ってくれそうなので、この馬にはピッタリな流れになりそう。

前走、休み明けを叩いて状態は上がってきているだろうし、鞍上もこの辺でそろそろ結果を出したいところだろう。

 

▲エポカドーロ

小回りのハイペース戦ならこの馬の持ち味を生かせそう。

関西の競馬でこの騎手を買うのは抵抗があるが、今回は菊花賞と違いペースメーカーが非常に優秀(笑)

藤原英明厩舎の叩き2走目にも該当するし、この枠からスムーズに競馬ができれば。

 

☆キセキ

以前は全く違うイメージのあった馬だが、川田騎手と出会い才能が一気に開花。

前走の有馬記念は5着に敗れてしまったが、外枠からのスタートでハナに立つまでのロスも大きかった。

さらに状態面も有馬記念の時点ですでに3走消化しており、有馬記念は4走目。

今は秋は3戦というのがスタンダードになりつつある中での強行ローテで、しかも前走のジャパンカップでは2.20.9という時計で走っており反動が出ないはずがなかった。

2000mというのがやや不安ではあるが、川田騎手が後続に上手く脚を使わせながら逃げれば。

 

△1 ブラストワンピース

有馬記念だけでなく、昨年の競馬を見ていればこの馬の能力の高さは疑いようがない。

ただ、負けたダービーと菊花賞は典型的な立ち回り戦でそこで凡走しているのだからやはり立ち回り戦には不安がある。

有馬記念では8番枠ながら、外に馬を置かずいつでも動ける体制で競馬ができていたのが良かった。

評価に迷う7番枠を引いてしまったのですが、包まれず外を回る競馬ができれば理想といえるが、ハイペースの2000m戦でダラダラ外を回らされる競馬で勝てるほど抜けた存在ではなさそう。

 

△2 ステルヴィオ

ダノンプレミアムと差のない競馬を2歳時からできており能力は非常に高い。

似たような条件の皐月賞はポジションの差だけという内容。

前走の中山記念も、休み明けで外々を通ってウインブライトと差のない競馬ができており内容は非常にいいものだった。

ハイペースの2000m戦、立ち回り勝負と不安も多いが嵌まれば頭まで。

 

△3 エアウィンザー

金鯱賞でダノンプレミアム、リスグラシューに続く3着。

同じ舞台で行われたチャレンジカップでは非常にいい競馬で完勝しており、このレースへの適性は高そう。

外枠を引いてしまったということと浜中騎手ということで評価を下げた。

 

△4 サングレーザー

最も評価に悩んだのがこの馬。

安田記念では出していく競馬を試したが脚が溜まらず直線では伸びきれなかった。

ミナリク騎手への乗り替わりはマイナスになりそう。

 

△5 ワグネリアン

スローからの決め手勝負に強いタイプでこの条件が合っているとは思えない。

立ち回り能力が問われるダービーでは不利な大外枠から福永騎手だとは思えない先行策でダービー馬に輝いたが、あれは福永騎手の一世一代の好騎乗だった。

調教は動けているが、神戸新聞杯以来ということで状態面も気になる。

人気になっているので消したいところではあるのだが、内枠の福永騎手なので、内でじっとして最後だけ伸びてきて2~3着というのはありそうなので印を回した。

 

△6 マカヒキ

ディープインパクト産駒のダービー馬ということで、スパッと切れる立ち回り上手なイメージがあったが、一昨年内田騎手が乗ったあたりから力のいる馬場のほうが好走できるタイプに。

札幌記念は非常に時計のかかる馬場で後方からの追いこんで2着、京都記念も時計のかかる馬場状態でのものだった。

雨の影響がどれほど残るかわからないが、時計のかかる馬場で内からロスなく運べれば。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ペルシアンナイト
▲エポカドーロ
☆キセキ
△1 ブラストワンピース
△2 ステルヴィオ
△3 エアウィンザー
△4 サングレーザー
△5 ワグネリアン
△6 マカヒキ

 

買い方

 

馬連

◎-〇▲☆△123

3連複

◎-〇▲☆-〇▲☆△

 

スポンサーリンク