【先週の重賞回顧&予想結果】根岸ステークス&シルクロードステークス

スポンサーリンク

こんばんは!

東京には久しぶりに雨が降ってます(^^;

 

根岸ステークス

 

予想はこちら→根岸ステークス 予想

結果

1着 ☆コパノキッキング
2着 ◎ユラノト
3着 △クインズサターン

メイショウウタゲとサンライズノヴァが出遅れ。

大方の予想通り、マテラスカイが外から楽な感じでハナを奪い、武豊騎手らしい緩めすぎない流れ。

差しの決まりやすい根岸ステークスだが、今年は前残りで早めに抜け出してきた馬で決着。

 

 

2着 ◎ユラノト

最近のルメール騎手の指定席といえる、逃げ馬の後ろのポジションをしっかり確保。

ロスなく競馬をし、この馬の力を出し切った。

東京ではどうしてもワンパンチ足りない印象があるので、次走狙うなら2~3着だろう。

 

1着 ☆コパノキッキング

距離延長とマーフィー騎手の早仕掛けにやや不安を感じ評価を下げてしまったが、きっちりスタートを決め砂を被らない中団外目を追走。

しっかりこの馬のことを理解し、距離不安もわかっていたマーフィー騎手の騎乗が素晴らしかった。

次走、極端な競馬が得意な藤田菜七子騎手というのは馬のキャラクター的には合っていそうだが、過剰人気になるだろうし、距離が長い。

 

3着 △クインズサターン

末は確実に使える馬だが、どうしても展開の影響を受けてしまうので評価を下げてしまったが、四位騎手が腹をくくったイン突き。

距離延長はいい方に働くはずなので、雨が降らず引き続きパワーの要求される馬場なら。

 

4着 …モーニン

和田騎手がこの馬を理解し、砂を被らない位置からの競馬。

砂を被らないようにするために、下げて外を回した分ロスがあっての4着なので評価してよさそう。

もし、本番で外枠を引けたなら印は入れたい。

 

5着 …ワンダーリーデル

1400mは長いと思っていたが、ワンペースで進んでくれたことでこの馬の短距離適性が生きた。

砂を嫌がるそぶりがあったと騎手がコメントを出しているので、外枠の短縮がねらい目だろう。

 

7着 〇ヤマニンアンプリメ

馬券的にはこの馬を狙っていたのだが、差し馬には厳しい展開で、直線では進路がなくなるシーンもありやや残念な競馬だった。

そもそも、スパッと切れる瞬発力のあるタイプの馬なのでガシガシ追って長くいい足を使わせる内田騎手とは合わなかったのだろう。

左周りにやや難がありそう。

 

8着 ▲サンライズノヴァ

そもそも追い込み馬なので、いつか不発が来るもの。

とはいえ、得意条件でここまでさっぱり伸びないとは思っていなかった。

騎手のコメントを読んでも敗因はわからないとのこと。

これで本番人気を落とすなら狙ってみても面白そう。

 

9着 △キタサンミカヅキ

スパッと切れず長くいい足を使えるタイプのこの馬にとって、東京1400m、後方からのポジション、前残りの展開と厳しい条件だった。

条件が変わればまだまだやれるだろう。

 

13着 △マテラスカイ

快速馬だけにパサパサダートの東京1400mは厳しかった。

もっと時計勝負できる舞台になれば。

 

次走注目馬

 

モーニン(外枠)

ヤマニンアンプリメ(乗り替わり希望)

マテラスカイ(時計の早いダートで)

 

シルクロードステークス

 

予想はこちら→シルクロードステークス 予想

結果

1着 ▲ダノンスマッシュ
2着 …エスティタート
3着 …ティーハーフ

ブリンカーが効きすぎた(?)セイウンコウセイが1000m56.4というペースで暴走。

ラブカンプー、トウショウピスト、ラインスピリットが早々に離脱して下がったことで内にいた馬はスムーズに4コーナーで加速できず。

早めに外から動いたアレスバローズが一気に先頭に立ったが、やや仕掛けが早く、内を上手く捌いてきたダノンスマッシュが突き抜けた。

2着、3着には外からスムーズに加速した2頭が入った。

 

7着  ◎ペイシャフェリシタ

スタートを決めたものの、ポジションを取りに行かず、ズルズルポジションを下げて4コーナーではシンガリに近い位置に。

はっきり言ってほとんど力を出しきれておらず、度外視でいい一戦。

時計のかかる短距離戦なら、重賞でも通用するはず。

 

1着  ▲ダノンスマッシュ

スタートの不安がなくなり、1200mのスピードにも完全に対応出来ている。

近走内容からもレースセンスが高いと思っていたが、今回もレースセンスの高さが光った。

 

2着 …エスティタート

今回は展開&馬場が完全に向いた形。

1200mの時計勝負は合わなそう。

 

3着  …ティーハーフ

外枠、展開、ペースと全てが上手くいっての好走。

上がりのかかる平坦限定。

 

4着  △アンヴァル

外枠でロスが多い競馬での4着。

強い馬相手でも恵まれれば好走できるが、弱い相手でも恵まれないと勝ちきれないというキャラクターになりそう。

 

5着  △アレスバローズ

仕掛けが早く、最後には止まってしまった。

出して行かず、脚を溜めれば相当いい脚を使える。

見所は充分あったので、次走以降も狙えそう。

 

6着  …ダイメイプリンセス

スパッと切れる末脚を使えるタイプではなく、じりじりと伸びてくるタイプなので4コーナーでごちゃついて追い出しが遅れてしまったのは痛恨だった。

暑い時期のほうが得意な馬だし、休み明けも走らないので長くいい脚を使える馬が活躍できる舞台に出てくれば。

 

8着 …ビップライブリー

スタートを決めて好位を取ったが、4コーナーで外の馬が加速しているときに全く走れず先行した分がすべて無駄に。

直線でも詰まってほとんど追えておらず、ノーカウント。

 

9着 〇リョーノテソーロ

4コーナーで前が壁になりポジションを下げ、直線でも前があかず力を出し切れなかった。

 

11着 ☆ナインテイルズ

道中ロスなく運び、内にいた馬の中では不利を受けていなかったが伸びが案外。

ここ2走は恵まれていただけだったか。

 

13着 △キングハート

スタートでの出負けがすべて。

キレない馬なので、後方からでは厳しい。スタートが改善すればもう少しやれると思うのだが。

 

18着 △ラブカンプー

直線ですでにデムーロに追う気がなかった。

状態が悪かったのだろう。正直、デムーロが継続騎乗だと今後難しい馬になりそう。

 

次走注目馬

 

ダノンスマッシュ

アレスバローズ

ペイシャフェリシタ

リョーノテソーロ

 

スポンサーリンク