【先週の重賞回顧&予想結果】東海ステークス&アメリカジョッキークラブカップ

スポンサーリンク

 

こんばんは!

少し遅くなってしまいましたが、先週行われた重賞レースのレース回顧です!

片方はレベルが高すぎて上位陣が素直に強く、片方はレベルが低くほとんどの馬を評価できないという対照的なレースでした。

頑張って書いてみましたが、凡走して次走以降狙う妙味のある馬はいませんね(>_<)

 

東海ステークス

 

予想はこちら→東海ステークス 予想

結果

1着 ◎インティ
2着 〇チョウワウィザード
3着 ☆スマハマ

インティが好枠からスッとハナを奪い、緩め過ぎず早すぎない武豊騎手らしい競馬で圧巻の逃げ切り勝ち。

強い馬に完璧な競馬をされては後続はなすすべもなかった。

好走した馬は中京競馬らしくラチ沿いを走っていた馬ばかりで、外を回した馬は度外視でいいだろう。

 

馬券はアンジュデジールを嫌い◎〇☆で決着したので、何とかプラス。

まあ、大して褒められるような予想でもないですね(^^;

 

1着 ◎スマハマ

スタートで少し気合を入れられるとスッとハナに立ち、

13.0 – 11.2 – 12.7 – 12.3 – 12.3 – 12.4 – 12.4 – 11.6 – 11.9

最後まで11秒台の時計を維持しての圧勝。

次走はフェブラリーステークスのようだが、この内容なら昨年のテイエムジンソクのようにはならないだろう。

当然、最有力。

 

2着 〇チョウワウィザード

この馬もかなりの好タイムで走っているが相手が悪かった。

先行できるようになり安定感も増しそう。

 

3着 ☆スマハマ

骨折休み明けでの3着は十分評価していいだろう。

早い時計の出るダートのほうが得意な印象があり、嫌うなら中山ダートのようなスタミナが問われる舞台だろう。

 

4着 △コスモカナディアン

道中最内を追走し、ほとんどロスのない競馬ができた上での4着。

常に相手なりのタイプなので、狙うのは意外と難しそう。

 

5着 △アスカノロマン

適性、展開、枠順とすべてが完璧にいいほうに向いての5着。

他の条件ではもう厳しいのでは?

 

6着 △アングライフェン

この馬もロスのない競馬ができており、現状の力は出している。

もう少し、時計のかかるダート向き。

 

8着 ▲グレンツェント

この枠順、展開でこの着順はもの足りない。

重い印を打つのは、いいレースを一度してからでいいだろう。

 

次走注目馬

 

インティ

チュウワウィザード

スマハマ

 

 

アメリカジョッキークラブカップ

 

予想はこちら→アメリカジョッキークラブカップ 予想

結果

1着 …シャケトラ
2着 ▲フィエールマン
3着 △メートルダール

ジェネラーレウーノがハイペースを作り淡々と流れるか、ロングスパートで長くいい脚を使える馬が好走できるレースになると思っていたが、どちらにもならずまさかのどスローで切れ味勝負に。

まあ、いろいろ文句を言いたいところもあるが、どちらにしてもシャケトラの激走には驚かされた。

ノーザンファーム生産の休み明けは休養期間の長さにかかわらず軽視しないほうが良さそう。

 

馬券はペース、展開読みが全く外れて的中ならず。

 

6着 ◎ダンビュライト

ハイペースでポジションを取って競馬ができればと思っていたが、末脚勝負になってしまいなすすべなし。

とはいえ、それでももう少し好走できると思っていただけに力が落ちてきているのかも。

春になって高速馬場になるとまた狙いにくくなるし、しばらく狙い時は来ないだろう。

 

1着 …シャケトラ

1年以上の休養明けでいきなり重賞制覇。

もちろん、このローテで好走したことは素直に褒めたいが、他の馬も力を出しやすい条件だったとは言えず、相対的に好走したように映った。

次走は買いというよりも消しのほうが良さそうだが。

 

2着 ▲フィエールマン

スタミナ勝負は向かないと思っていたので、評価を下げたのだがスローでの切れ味勝負で2着を確保。

ルメールが上手く乗っている部分も大きいはずで、真価が問われるのはこれから。

 

3着 △メートルダール

マーフィー騎手らしく早めに動いて、3着を確保。

乗り難しい馬なので、信用できるタイプではない。

 

4着 〇ジェネラーレウーノ

菊花賞での反省を生かしていない正直がっかりな騎乗。

ハナに立つと気を抜くとかいろいろ言われているが、このレースで積極的な競馬をしない意味が分からない。

まあ、少し田辺騎手を擁護するならば、「頭で考えて競馬をする騎手ではない」ということくらいか。

 

この馬らしい競馬ができず、馬が故障してしまったのが残念。

 

5着 …サクラアンプルール

枠順が悪く、ロスの多い競馬になってしまった部分もあるが、やっぱり外回りよりも内回りのほうが向いているのだろう。

なんとなく「持っていない馬」になってしまっている感じがあり今後狙うのは…

 

次走注目馬

今回はほとんどの馬が力を出せていなかったので、このレースでの走りをみて次走買いたいと思わされる馬はいなかった。

スポンサーリンク