【先週の重賞回顧&予想結果】大阪杯

スポンサーリンク

大阪杯 回顧

 

予想はこちら→大阪杯 予想

結果

1着 ◎アルアイン
2着 ☆キセキ
3着 △ワグネリアン

 

有馬記念で強引にでもハナを奪ったので、キセキが逃げると思っていたが、内にいたエポカドーロがハナへ。

戸崎騎手は基本的に溜め逃げしかできず、キセキもロングスパートが得意なだけに控えたことで1000m通過が1.01.3のスローだったが、そこからペースが上がり1400m地点から1600m地点までの11.4が後半の最速ラップになっており、前半楽をして、後半はペースを上げて後続に差を縮めさせないという後方や外にいる馬には厳しいレース。

内でロスなく平坦なラップで走るのが得意なアルアインにとっては絶好の展開になり、対照的に他の馬はほとんど力を出し切れないレースとなってしまった。

 

 

1着 ◎アルアイン

もっとペースが上がり時計勝負でと考えていたのだが、想定以上の雨とキセキが引っ張らなかったことで思っていたレースとは違う展開に。

しっかりとポジションを取って、上がり勝負にならなかったのが勝利につながった。

なかなか恵まれそうなGⅠが少ないので、今後の狙いどころは難しい。

 

2着 ☆キセキ

前半ゆったり運び、1000m通過頃からきっちりエポカドーロを突いて理想的な展開になったが、通ったコース取りの差で負けてしまった感じ。

昨年秋にあれだけ走って、今回は休み明けだったので多少もの足りない結果ではあったものの次走以降はさらに良くなってきそう。

 

3着 △ワグネリアン

後方からの競馬しかできず、皐月賞ではさっぱりだったので厳しいかと思っていたがスタートから福永騎手が出していって中段の内を確保。

直線ではぽっかり空いた内を鋭く伸びてきた。

状態さえ戻っていて、今回のようなレース展開にになればこのくらいは走れて当然。

ただ、このレースで好走=小回り〇という評価はしないほうがいいだろう。

 

それにしても、「一度垂れたディープインパクト産駒は危ない」という説は崩れつつありますね(^^;

サトノアレス、ダノンプレミアム、ワグネリアンとぱっと思いつくだけでも今年になって好走しているレースが多いですし、ディープインパクト産駒の扱い方というのが厩舎なり牧場なりで分かってきたのでしょうか?

今後はこういう嫌い方はしないようにしようと思います(^^;

 

4着 △マカヒキ

4コーナーからは内に馬が殺到したことで、外に出さざるを得なくなってしまったが、道中は最内枠を生かして道中は全くロスのない競馬。

基本的に人気を被るタイプで、今回は最大限恵まれたと考えた方がよさそう。

次走は危険かもだろう。

予想のときにも書いたが、3歳時のいかにもディープインパクト産駒っぽいという感じがなくなり、時計のかかる馬場のほうが良さが生きるタイプになってきている。

これも内田騎手が乗ったことに影響を受けているのだろうか?

 

5着 △エアウィンザー

外枠スタートでロスの多い競馬になると厳しいと思っていたが、想定よりも先行できて内のコースを確保できた。

先着を許した馬はこの馬よりも恵まれたコース取りをしていたので、悲観するような内容ではないがワンパンチ欠ける印象。

 

6着 △ブラストワンピース

スタート後に寄られる不利がありポジションを下げる不利があり、4コーナーも大外をぶん回す形に。

全く力を出せていないが、それでも外から伸びてきていたので能力はメンバー中1番のものがあると感じさせられた。

もう少し、立ち回り力が求められないレースなら有力。

 

7着 …スティッフェリオ

先行した利があったとはいえ、大外枠でダラダラと外を走らされる厳しい展開でそれを考えればこのメンバーでよく走っている。

メンバーが落ちて、恵まれそうな枠番から競馬が出来れば。

 

8着 …ムイトオブリガード

レース映像を見るとかなりちぐはぐ。

スタート後、押してポジションを取りに行くそぶりを見せたが、その後はなぜか内をあけながらズルズル下がり4コーナーで最後方。

仕掛けるのも明らかに遅かったし、ひたすら外へ。

正直、何がしたかったのかわからない騎乗ぶりだった。

各馬が脚を使った4コーナーで全く脚を使わなかったことで、直線で止まった馬を交わせたが着拾いといわれてもおかしくない競馬だった。

こういう変な競馬をした後遺症が残らなければいいが。

 

9着 …ダンビュライト

外枠スタートでダラダラ外を通らされたのがロスが痛かった。

完全度外視でいいが、そもそも走れるレンジが狭く狙うのは難しい。

 

10着 ▲エポカドーロ

戸崎騎手らしく、ハナを奪えばペースなんてどうでもいいというようなスローでの逃げ。

流石にあの展開で負けすぎだと思っていたが、鼻出血があったよう。

度外視でいいレースだったとは思うが、敗因を鼻出血のせいだけにするのは危険かも。

 

11着 〇ペルシアンナイト

そもそも得意でないスローの競馬になってしまった上に、外から4コーナーで早めに動いたことで完全に止まってしまった。

マイルでもう少し早い流れになれば。

 

12着 △サングレーザー

じっくり脚を溜めないといけないタイプで道中で動かそうとするミナリク騎手は合っていなかった。

コース取りのロスも大きかったし、度外視でいい。

 

13着 …ステイフーリッシュ

先行してスタミナを生かすのが一番合っているパターンなのだが、後方からでなにもできなかった。

ロングスパート戦や時計のかかる馬場で先行してこそ。

 

14着 △ステルヴィオ

積極的にポジションを取りにいく競馬を見せたが、最後は完全にブレーキ。

時計のかかる馬場で先行して2000mは辛かったのだろう。

東京の時計の出るマイル戦なら。

 

次走注目馬

 

キセキ (上積みがありそう)

ブラストワンピース (能力勝負になりそうなレースなら)

スティッフェリオ (相手落ちなら)

ペルシアンナイト (距離短縮で)

ステルヴィオ (高速馬場のマイル戦で)

スポンサーリンク