【先週の重賞回顧&予想結果】シンザン記念

スポンサーリンク

 

こんばんは!

もう週末の出馬表が出たのに、まだ回顧記事を書いている五九楽です(笑)

フェアリーステークスの抽選はかなり残念な感じになりましたね(>_<)

嫌おうと思っていた人気馬が除外になり、狙う予定の穴馬も除外…

なんとなく予想も固まっていたのですが、一から練り直さないと(^^;

 

シンザン記念

 

予想はこちら→シンザン記念

 

結果

1着 〇ヴァルディゼール
2着 △マイネルフラップ
3着 ▲ミッキーブリランテ

昨年はアーモンドアイがこのレースから年度代表馬に輝いたが、今年はメンバーが小粒。

それは、このレース云々ではなくデムーロ&ルメールがいないのが、早期よりわかっていたので有力馬が回避したからではないだろうか。

前日の金杯と同じく、内外フラットではあるものの時計のかかる馬場。

ヴァルディゼールこそ内から伸びてきたが、波乱を演出したマイネルフラップも3,4着馬も外からの差し。

古馬が戦う京都金杯ですら差しが決まったので、若駒がある程度のペースで運んだ結果差しの決まりやすい競馬になったということだろう。

 

4着 ◎パッシングスルー

4コーナーの手ごたえで、来たと思ったが内と外から強襲を受ける形で4着。

ルーラーシップ産駒だが、もう少しスローでポテンシャルが問われない条件の方がよさそう。

今回の条件では力を出し切っている。

 

1着 〇ヴァルディゼール

最後まで本命にするか悩んだが、馬場状態を考慮して対抗に落としてしまった(>_<)

新馬戦の時計や、メンバーは弱かったが持ち前のレースセンスを発揮して見事なイン突き。

今回は相手が弱かったこともあるし、展開に恵まれた部分もあったので過大評価はできないが、レースセンスはあるので立ち回り勝負になりそうなレースなら強い馬相手でも。

 

2着 △5マイネルクロップ

1番枠を引き、もう一頭の500万勝ちしているアントリューズが1番人気なのにこの馬は10番人気。

流石に人気がなさすぎということで一応抑えてはいたが、想像とは違う形で2着。

前走の千両賞が人気薄での好走だったのでフロックだと思ってしまっていたが、よくよく考えてみれば、こうやまき賞でダノンチェイサーと差のない競馬をしたマイネルウィルトスを馬場が渋った阪神1600mというポテンシャルが問われるコースで差し切っているわけでこういうポテンシャル勝負なら能力が上だったということだろう。

春の時計の出る馬場や、大知に乗り替わった時が嫌いどきか。

 

3着 ▲ミッキーブリランテ

まだ幼い部分はあったが、展開的には恵まれた印象で現状の力は出し切ったといえるだろう。
距離を伸ばした方がいいような気もするが、気性が落ち着かないと力を出し切れないかも。

 

5着 △1ハッピーアワー

時計の出る馬場状態なら京都1600mはこなせると思っていたが、ここまで時計のかかる馬場になってしまっては距離適性が出てしまった感じ。

シンプルに距離短縮を狙うのが素直な狙い方だろうが、今回だけでマイルは長いと決めつけず、距離が長いと人気を落としたところで狙うというパターンも頭の片隅には残しておきたい。

 

7着 △2ゴータイミング

新馬戦が好メンバーで前走が枠順に嫌われたので、もう少しやれるかと思っていたがいいところなし。

人気先行タイプだし、しばらくは買わなくてよさそう。

 

8着 ☆アントリューズ

直線で前がふさがるシーンがあり、脚を余す結果に。

度外視と言って問題ないレース内容だったが、こういうわかりやすい不利を受けた後は人気になりやすいので、次走妙味のある馬とは言えないだろう。

 

次走注目馬

 

ハッピーアワー(距離短縮or時計の出る馬場)

 

スポンサーリンク