【先週の予想結果2019】紫苑S+セントウルS+京成杯AH

スポンサーリンク

 

こんばんは!

秋競馬の初週お疲れ様でした!

中山、阪神共にレコードの出る高速馬場でしたね。

はっきり傾向の出るレースというのは、予想が組み立てやすい面がある代わりにポジションを確保してくれないとちょっとストレスが溜まりますよね。(^^;

先週に続き、悔しい外し方が多かったですが、今後のためにも今週の予想を振り返っていきましょう。

 

紫苑ステークス

 

予想はこちら→紫苑ステークス 予想

結果

1着 ☆パッシングスルー
2着 ▲フェアリーポルカ
3着 ○カレンブーケドール

8着 ◎クールウォーター

外差しが決まりやすいレースですが、先行馬が少なく開幕週ということから内枠で先行できそうな◎クールウォーターを本命に。

ですが、スタートしてからポジションを取りにいく気配すらなく隊列が決まった時には後方2番手。

予想の段階でキレないがしぶとさを生かして欲しいと書いていたので、このポジション取りでレースが終わってしまいました。

本命馬こそ先行しませんでしたが、結果的にはスローのレースになり、実力のある馬がしっかり前目のポジションを確保してそのまま決着。こういう競馬をして欲しかったのですが(^^;

結果的には本命馬が飛んで上位評価した馬で決まるという馬券的には残念な結果に(>_<)

 

セントウルステークス

 

予想はこちら→セントウルステークス 予想

結果

1着 △タワーオブロンドン
2着 △ファンタジスト
3着 ◎イベリス

「ミスターメロディーの外枠」、「タワーオブロンドンの位置取り」、「マテラスカイは未知数」という中で、内枠を引き1200m実績もあった◎イベリスを本命にしたのですが、まさかミスターメロディーとそれほど差のない5倍台の3番人気(^^;

展開もマテラスカイが逃げて、イベリスは絶好のポジションを確保できたのですが、ファンタジストの位置取りだけが予想外でした。

前走流れの早い競馬を経験して、今回ブリンカーを外してきたので警戒はしていましたがあそこまでスムーズな競馬ができるとは。

週中では、ミスターメロディーが「内枠なら素直に買い」「外枠なら軽視」というのを想定しており、枠順決定時に「軽視だ!」と思っていたのですが、いざ蓋をあけてみれば高松宮記念を制したこの馬よりもタワーオブロンドンの方がしっかり人気に。

それで、タワーオブロンドンが来てしまうんですからこのレースは妙味が全くなかったですね。

3着が本命も考えた☆ペイシャフェリシタだったらかなり悔しかったでしょうが、この組み合わせなら諦めも。

 

 

京成杯オータムハンデ

 

予想はこちら→京成杯オータムハンデ 予想

結果

1着 ◎トロワゼトワル
2着 △ディメンシオン
3着 …ジャンダルム

展望記事を書いているときから買いたい馬が全くおらず、予想を組み立てるのが難しかったのですが先行できて立ち回り競馬に対応できそうな◎トロワゼトワルを本命に。

◎トロワゼトワルは横山騎手の芸術的な逃げでレコード勝ち!

と本命馬が気持ちの良い勝ち方をしてくれたのですが、先週に続きまたしても相手抜け…

ディメンシオンは差し馬の中では上位評価していたのですが、ジャンダルムを消してしまいました。

こういうときはきっちり単勝を買わないとダメですね。先週の反省を全く生かせてない(>_<)

 

来週は久しぶりの3日間開催!

野呂菊ステークスにはPOGで指名して期待しているマイラプソディが出走してきますし、秋華賞の最重要トライアルのローズステークスも行われます。

天候さえ崩れなければ、引き続き時計の早い決着になるはずなので高速決着に強いタイプをしっかり狙いたいと思います。

スポンサーリンク