【京都金杯2019 レース展望!】今年の馬場状態は!?

スポンサーリンク

おはようございます!

今日で正月三が日もおしまいですね。

なかなかない長期休暇でやりたいこともいろいろあったので、なんだかあまり正月らしさがありませんでした(^^;

 

京都金杯 展望

 

2019年1月5日に中山競馬場、芝1600mで行われるお正月の名物レース京都金杯(GⅢ)のレース展望です。

今年の京都金杯の主な出走予定馬は、パクスアメリカーナ、サラキア、カツジ、グァンチャーレ、ロードクエスト、アドマイヤアルバ、マイスタイル、アサクサゲンキなど。

 

過去5年のデータ

 

 

京都金杯=「内枠有利」と言われるほど、内枠が有利なレース。

こうなるのは、本来外へ外へと行く仮柵が内に動くために、距離ロスの少ない内のほうが馬場がいいという状態になるのが原因。

近年は、馬場が操作されることもあるので決めつけてかかるのは良くないものの、ここまではっきり内が有利な理由があるので、昨年も当然そうなるだろうと思っていたが、蓋をあけてみればそういう競馬に向かなそうな馬でのワンツー。(私も予想では2秒で消してました)

そうなった原因は、おそらく秋に泥んこ競馬をしたからで、今年は昨年のような外差しが決まるとは思えないですが、内の馬は異常に売れる傾向のあるレースなので、本番までに外にチャンスがあるのかはしっかり確認したいところ。

まあブログには反映できませんが(^^;

内しかないようなら、6番まではどんな馬が入っても相手には入れるくらいのメリハリがあったほうがよさそう。

 

出走馬一言考察

 

アサクサゲンキ

短距離でもっと活躍できるかと思っていたが、葵ステークスで出遅れて以降行き脚がつかなくなってしまった。
前走は、1600mに延長してことで先行できたことが好成績につながった。
立ち回りが求められるレースなので、後方からではノーチャンスだろう。

 

アドマイヤアルバ

レベルの高かった京都新聞杯で2着に好走し、ダービーは9着だったものの上がり最速。

今後の活躍を期待させたが、前走のオープン特別もいい脚を使い5着。

未勝利時代にも4連続2着があり、どうしても勝ちきれないタイプ。

昨年は、ブラックムーンが後方から差し切ったが今年にそれを期待するのは…

 

カツジ

NZTでケイアイノーテックを外々を回って差し切ったので、能力はあると思いNHKマイルで本命◎を打ったものの、最内枠で痛恨の出遅れ。

毎日王冠は外を回って最後は完全にスタミナ切れになってしまったような負け方で、スタミナの問われない京都1600mはマイルチャンピオンシップの結果からも合っているはず。

ただ、器用さに欠けるタイプなのでこのレースでは?

 

グァンチャーレ

オープン特別の常連だが、走っても走っても人気にならない馬券にやさしいタイプ。今回もおそらくそこまで人気にならないだろう

前走はスローすぎて全頭が33秒台の上がりを使えるような特殊な競馬で、すべてが上手くいった印象だが、立ち回りは上手なタイプなので、京都金杯ではこういう馬を狙いたい。

 

サラキア

能力は上位だが、やはり出遅れ癖は気になるところ。

ポジションと捌き方次第といったところで、印は回すが飛んで欲しいといったところ。

 

パクスアメリカーナ

この馬もNHKマイルカップで期待していた馬だが、東京競馬場の時計勝負は合わなかった。

前走はレースレベル、時計共に良くなかった上に、川田騎手のコース取りも完璧だったとはいえ、春に見せていた素質通りの完勝。

川田騎手は積極的にポジションを取ってくれる騎手だし、内枠さえ引ければ有力だろう。

 

マイスタイル

前走はカッチーの馬鹿逃げで完全に失速。緩めない逃げが悪いわけではないが、中京競馬場でやるのは最悪手。

能力はあるが、行き脚はイメージほどないので、よほど好枠を引かない限りすんなりハナとはいかなそう。

正直、大切なお金を賭けられる騎手ではないが…

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

萌黄賞を見た時から注目していた馬。

近走は大きな着順になってしまっているが、3走前は4コーナーまでは勝ったと思わせるような手ごたえで失速。2走前は、ポジションが悪すぎと言い訳のできる内容。

前走も、一転して軽快な逃げと思われたが、道中で無駄に絡まれたことで1000mから1200mの通過が10.8に。
長くいい脚を使えるタイプではないので、阪神1600mよりはスタミナが問われない条件に変わる。

全く人気がないので、抑えておくのも面白い1頭だろう。

 

スポンサーリンク