【京都金杯2019 予想】本命は馬券にやさしい馬!?

スポンサーリンク

2019年1月5日に京都競馬場、芝1600mで行われるお正月の名物レース京都金杯(GⅢ)のレース展望です。

今年の京都金杯の主な出走予定馬は、パクスアメリカーナ、サラキア、カツジ、グァンチャーレ、ロードクエスト、アドマイヤアルバ、マイスタイル、アサクサゲンキなど。

週中に展望記事もアップしています!

こちら→ 京都金杯 展望

 

京都金杯 予想

 

とにかく内が有利な京都金杯。

昨年こそ、全くいらないと思っていた馬に好走されてしまったが、今年はそんな競馬にはならないはず。

馬場がわからないブログ予想なので、そこまで勝負できないと思っていましたが、消したいと思っていた2頭が内枠を引いてくれたことでやる気がみなぎってきました(笑)

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

今回は馬券にやさしいこの馬が本命!

この馬はとにかく地味な馬で、走っても走っても人気にならないが、能力は今回のメンバーに入れば上位。

好位から競馬ができる高いレースセンスがあるので、このレースは向いているはず。

こういう特殊な馬場の時ほど騎手が重要になるので、多少の不安はあるがこの並びなら有利なラチ沿いを走れるはず。

 

〇マイスタイル

前走は完全に騎乗ミスと言える馬鹿逃げ。

もちろん、積極的に買いたい馬とは言えないがそもそもこういう馬は人気のない時に買うのが博打の筋。

多少ハイペースでもラチ沿いを走って逃げれれば、今回は止まらないはず。

 

▲パクスアメリカーナ

前走が低レベルのレースだったので、あまり過大評価したくないのだが、馬の能力と川田騎手が乗ることを考えるとこれ以上評価は落とせなかった。

いい枠とは言えない枠を引いてしまったが、走りそうな馬が他にあまりいない。

 

☆トゥラヴェスーラ

もう少し、内枠が欲しかったのが本音だがレースの運び方次第では通用してもいいのではないだろうか。

前走の結果で1600mが長かったと思われているようだが、敗因は舞台とペースだった。

差しの決まりやすい阪神外回り1600mから開幕週の京都に変われば、前走ほど止まらないはず。

 

△ストーミーシー
△バリス
△アドマイヤアルバ
△ヒーズインラブ
△アサクサゲンキ

サラキアとカツジは内を引いたが、内の恩恵は行かせないはず。
でも、内を通る馬が有利というのが予想の根幹なので、人気のない内の馬、先行できそうな馬はすべて抑える。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇マイスタイル
▲パクスアメリカーナ
☆トゥラヴェスーラ
△1 ヒーズインラブ
△2 ストーミーシー
△3 アドマイヤアルバ
△4 アサクサゲンキ
△5 バリス

 

買い方

 

単勝 ◎

馬連 ◎-〇▲☆

ワイド ◎-〇▲☆

3連複 ◎-〇▲-印

本命馬は基本的に1,2着というのが予想の本線。

危険そうな人気馬が2頭いるので、どちらも飛んだボーナス的な3連複とどちらが来てしまったワイドは抑える。

 

スポンサーリンク