【京都記念2019 展望】

スポンサーリンク

京都記念 展望

 

2019年2月10日に京都競馬場、芝2200mで行われる京都記念の展望記事です!

今年の京都記念の主な出走予定馬は、ステイフーリッシュ、パフォーマプロミス、マカヒキ、ノーブルマーズ、ダンビュライト、タイムフライヤーなど。

 

過去5年のデータ

この時期に行われるレースということで、好走馬は京都競馬が上手というタイプではなく、パワーのあるタイプの好走が目立つ。

特に今年は異常に時計がかかっているので、今の馬場に適性のありそうな馬を狙うのが正解だろう。

ただ、今年はメンバーがあまりにも弱すぎるし、人気になりそうなキレるタイプの馬もいないので予想は難しいレースになりそう。

 

出走馬一言考察

 

ステイフーリッシュ

京都金杯では、後方から早めに捲りにいく競馬で2着と負けて強しという内容でしたし、馬場状態こそ違うものの、京都2200mで行われた京都新聞杯は内容のいい好走。

ダービー、菊花賞は力を出し切れなかったための惨敗だったし、今の京都の馬場は合っているはず。

 

パフォーマプロミス

低レベルのレースで上手な騎手が持ってきているイメージのある馬。

戦績を見ても、人気のときだけ好走し人気薄のときは走らない馬券的には難しい馬。

今回も絶妙なレース選択で、今回のメンバーなら足りてしまいそう。

自分でレースを作って好走する馬なので、福永騎手はあんまり合ってない気がする。

 

マカヒキ

最強世代と言われた年のダービー馬だが、そのときの輝きは残念ながらない。

なぜか札幌記念で2着に好走したが、レースレベルとしてはレベルの低いものだったし展開も向いた。

基本的は今の京都の馬場も合わないはず。

 

ノーブルマーズ

前走は後方からの競馬になり、4コーナーでは最後方に近い位置取りになったが、しっかり伸びて来て4着。

適性は今回のメンバーでは上位なはず。

逃げ馬がいないメンバー構成であり先行して馬場のいいところを走ってくれば馬券内に入る可能性は高そう。

逃げた場合、高倉騎手が内を捨てて馬場のいいところを選ぶ競馬ができるかが鍵になりそう。

 

ダンビュライト

前走はもっとも向く舞台だと思っていたが、残念ながらスローの切れ味勝負にされてしまい惨敗。

キレないがばてないレースで先行さえすれば好走できそうだが、とにかく好走レンジの狭い馬なので狙いにくい。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

展開に左右されやすいタイプだが、今の時計のかかる馬場は合うはず。

今回くらいのレベルのメンバーならこの馬で通用してもおかしくない。

スポンサーリンク