【京都牝馬ステークス2019 予想】外枠の差し馬狙い!

スポンサーリンク

2019年2月16日に京都競馬場、芝1400mで行われる京都牝馬ステークスGⅢの予想です!

今年の京都牝馬ステークスには、ミスパンテール、ワントゥワン、アルーシャ、リバティハイツ、ベルーガ、ディメンシオン、エイシンティンクルなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→京都牝馬ステークス 展望

 

京都牝馬ステークス 予想

 

年明けから使われてきた京都競馬の最終週に行われるレースということで、毎年外枠が有利な傾向になりやすい。

今年は開幕週から時計のかかる馬場になっており、パワーのある馬の外差しに期待!

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

能力はある馬なのだが、長い距離を使われており力を出せなかった。

距離を短くしてからはあっさり条件戦を勝ち上がったし、前走は道中かかりながらダラダラ外を回らされる競馬でほとんど力を出し切れなかった。

今回の距離短縮+京都替わりはいいほうに向くはずだし、好枠を引くことができたので激走に期待したい。

 

〇ワントゥワン

前走の阪神カップは内の先行馬ばかりが好走。中途半端に出していこうとしたこともこの馬には裏目になってしまった。

パワーのいる馬場がこなせるかの不安はあるが、常に上がり3位以上の上がりは使える馬なので今の外差し馬場でデムーロが鞍上ならこのくらいの印を打っておきたい。

 

▲カラクレナイ

最後に馬券に絡んだのは1200mの鞍馬ステークスだが、ここまで上げた3勝はフィリーズレビューを含めてすべて1400m。

展開頼りになるとしても、じっくり脚を溜めたほうがいいタイプで距離延長は歓迎。

今の京都競馬は外差しが決まりやすい馬場になっているし、絶好の枠を引くことができた。

 

☆ミスパンテール

自在性のあるタイプなので、今の京都の馬場状態はプラスに働くとは思えないが昨年もこのレースを勝っておりこの舞台への適性は十分ある。

ただ、昨年よりメンバーは遥かに強く1kg増ということであっさり飛んでも不思議ではない。

 

△1 リナーテ

1600m戦で1勝しているのだが、京都の超スローになった新馬戦という全くスタミナの要求されないレースでのもの。前走のターコイズステークスでは、残り200m地点で失速しており根本的にマイルは長い。

1200m戦とはいえ、札幌の力のいる馬場で1000万を勝ち上がっており今の京都の馬場にも対応できそう。

距離短縮、外枠、武豊騎手と好走条件はそろっただろう。

 

△2 アルーシャ

3連勝で重賞初挑戦ということで、評価が難しい1頭だが人気ほどの期待値は…

近走を見ても、ルメールが上手く立ち回り勝負で勝たせた感が強い。

今の京都は立ち回り勝負にはならないだろうし、小柄なディープ産駒というのもマイナス。

藤沢&ルメールコンビだが、昨年の朝日杯でケチがついたあたりから成績がイマイチな気が。

 

△3 リバティハイツ

もう少し外枠が欲しかったところだが、条件自体は向いているはず。

頭はなさそうだが、2~3着なら。

 

△4 ベルーガ

この馬も評価が難しいが、この枠ならこのくらいの評価でいいか。

タンザナイトステークスは出遅れ&追い出しを待たされる不利があり度外視でもいい内容。

重賞勝ち馬だが、レベルの低いファンタジーステークスだし信越ステークスもレベルは低かった。

川田騎手というのが不気味だが、根本的な能力が少し足りなそう。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ワントゥワン
▲カラクレナイ
☆ミスパンテール
△1 リナーテ
△2 アルーシャ
△3 リバティハイツ
△4 ベルーガ

 

買い方

 

馬連

◎-印

3連複

◎-〇▲☆△1-印(重ね買い)

 

スポンサーリンク