【京都新聞杯2019 展望】

スポンサーリンク

 

こんばんは!

ゴールデンウイークももう半ばですね(^^;

私は後半のほうが休みが多いので、ここからが私のゴールデンウイークなのですが、予定なし(笑)

混んでいるのは多少我慢できるのですが、割高なのは我慢できないんですよね。

競馬場のビールはだけは許してしまっていますが(笑)

 

NHKマイルカップとかしわ記念くらいは行くかもしれません。

 

そういえば、かきつばた記念を忘れていました(>_<)

明日の兵庫チャンピオンシップは予想します!

 

京都新聞杯 展望

 

2019年5月4日に京都競馬場、芝2200mで行われる京都新聞杯(GⅡ)の展望です!

今年の京都新聞杯の主な出走予定馬は、ブレイキングドーン、タガノディアマンテ、トーセンスカイ、ロジャーバローズ、サトノソロモン、フランクリンなど。

 

過去5年のデータ

 

ダービーへの最終戦ともいえる京都新聞杯。

先週までの京都競馬を見ている限り、このレースも高速時計の立ち回り競馬になりそう。

枠順がかなり重要なレースになるし、枠順が決定しないとなんとも。

 

出走馬一言考察

 

ブレイキングドーン

ホープフルステークスでは見せ場を作っての5着、弥生賞3着で実績は今回のメンバーでは上位。

新馬戦の走りなどを見ていても能力は高そうだが、立ち回り競馬は全く向かなそう。

外枠ならバッサリでいいかも。

 

タガノディアマンテ

ハイレベルだった皐月賞で6着というのは評価できるが、溜めて良さを生かすタイプで時計の出る競馬は合わなそう。

重馬場になればある程度評価できるが。

 

トーセンスカイ

予想オッズでは3番人気になっているが、流石にそこまでは人気にならないだろう。

スタートも良くないし、ここまで走ってきたのは低レベルなレース。

基本的には嫌っていいだろう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

能力やレースセンスだけを考えれば狙ってみたいのはこの馬。

未勝利を勝ち上がるのに時間はかかってしまったが、それは距離が足りなかっただけ。

内枠さえ引ければ本命とまではいかなくても重い印を打ちたいところ。

スポンサーリンク