【京王杯スプリングカップ2019 展望】

スポンサーリンク

京王杯スプリングカップ 展望

 

2019年5月11日に東京競馬場、芝1400mで行われる京王杯スプリングカップの展望です!

今年の京王杯スプリングカップの主な出走予定馬は、タワーオブロンドン、サトノアレス、トゥザクラウン、スマートオーディン、ロジクライ、ロードクエストなど。

 

過去5年のデータ

 

安田記念の前哨戦という位置づけのレースではあるが、東京1400mという非根幹距離で行われるため1200mや1600mから有力馬が集まり、波乱が起こりやすいレース。

ペース次第で決着タイムが大きく変わるのだが、今年はブロワやトゥザクラウンがいるのでハイペースで早い時計での決着になりそう。

 

出走馬一言考察

 

タワーオブロンドン

2歳時は順調に使えていたが、ここにきてなかなかレースに使えておらず、今回は3か月の休み明けでの出走。

2歳時のレースを見ている限りでは、1600mよりは1400mのほうが合っていそうで前走からの距離短縮はいいほうに働きそう。

外国産馬だけに仕上がりが早く、それだけで2歳時は好走していたイメージがあるし、前走は直線で一度挟まれるわかりやすい不利があったので人気を落とさなさそう。

感覚的にあまり買いたい馬ではないのですが…

 

サトノアレス

海外遠征を直前で取りやめて臨んだ阪神カップで15着に惨敗したので、ディープインパクト産駒らしくここから垂れてしまうかと思っていたが、前走のハイレベルだった東京新聞杯で3着に好走しまだ枯れていないところを証明。

昨年このレースで後方から豪快な追い込みで3着まで好走しているが、基本的に1400mは短いはずだし、前走の東京新聞杯は内が有利なレースでは、ロスのほとんどないコース取りで競馬ができていたし恵まれた部分も大きかった。

後方でじっくり脚を溜める形がこの馬には合っているし、極端な外枠馬場にでもならないと基本的には厳しそうではあるが…

 

トゥザクラウン

トゥザヴィクトリー一族ということで注目を集めやすく、人気になってしまうので狙いのがためらわれる馬なのですが、2走前の東京での1000万条件のレース内容が非常に優秀で、1.19.6という時計はこのレースの勝ち時計でもおかしくない時計。

そう考えると、前走の大阪ーハンブルクカップの内容は物足りないような気もするが、前半3F33.1で2Fが10.3というハイペースで最後に止まってしまうのは仕方がないというレースだった。

馬場状態にもよるが、高速馬場ならあっさり逃げ切りがあっても。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走は明らかに距離が短かった。

時計勝負には強いタイプだし、早い流れで先行するのはこの馬の得意なパターン。

騎手が不安だが、その分そこまで人気にならなそうだし狙ってみる価値はありそう。

スポンサーリンク