【京成杯2019 予想】好きな馬だが馬券はシビアに!?

スポンサーリンク

こんばんは!

日経賞はやってしまいました(>_<)

昨年からいろいろと反省し、買い方を変えているのですが反省を生かせませんでした。

まだ、重賞的中できていないので早くいい的中が欲しいです!

 

2019年1月14日に中山競馬場、芝2000mで行われる京成杯(GⅢ)の予想です!

今年の京成杯の主な出走予定馬は、シークレットラン、ランフォザローゼス、ラストドラフト、カテドラル、ダノンラスター、ヒドゥタイムズなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→京成杯 展望

 

京成杯 予想

 

ホープフルステークスから1週しか空いていないときに、同条件で行われるGⅢ戦ということで、「メンバーが揃わないことが増えるのでは?」と思っていたが、クラシックでも面白そうな馬が多数出走。

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

まだまだ、未知の部分が多いが思い切ってこの馬を本命にしたい。

新馬戦はスタートからの行き脚が悪くかなり押っ付け気味だったが、しっかりとポジションを確保し4コーナーから加速すると後続を突き放して3馬身半差の完勝。

タイムも良くないし、相手も弱かったが走りぶりを見た限り中山での競馬は向いていそう。

2走目ということでスタートが改善されれば。

シルク&ノーザンファーム生産で外人ならもっと人気になっていただろう。

 

〇ランフォザローゼス

葉牡丹ではシークレットランに激走されて負けてしまったが、レースセンスはこちらの方が遥かに上。

スローの競馬になりそうなので、スッと先行できれば馬券内には来れるだろう。

 

▲シークレットラン

POGで指名しているので、願望としては勝って欲しいのだが、馬券としてはこのくらいの評価。

新馬戦は東京でアガラス相手に上がり競馬で2着に敗れてしまったが、未勝利戦は中山でのロングスパート戦で勝ち上がり。

前走の葉牡丹賞も人気ほど馬鹿にされる馬ではないと思っていたので、本命にしていたのだが、まさかのレコード勝ち。

時計勝負はできないタイプだと思っていたので、これは意外だったが、2歳のコースレコードなので、はっきり言って無駄に人気になるだけだろう。

スパッと切れず長くいい脚を使うタイプなので、内田騎手とは合っているが人気で買う安定感はなさそう。

 

☆ダノンラスター

前走の東スポ杯は昨年のハイレベルレース。

直線でさばくのに時間がかかるロスがあり、スムーズならもっと際どかったはず。

ディープインパクト産駒というのが気になるところだが、デムーロ騎手なのでこのくらいの評価は必要だろう。

 

△1 カテドラル

メンバーの揃った新馬戦を勝ち、野路菊賞ではヴェロックスに勝利しており、クラシックも意識できるようになったが東スポ杯ではまさかの11着。

ハイレベルレースだったので、負けた次こそねらい目と言えばねらい目なのだが、一瞬の脚しか使えないタイプなので中山2000mという舞台は合わなそう。

福永騎手がじっと内で脚を溜めて、追い出しをギリギリまで我慢するような競馬ができれば。

 

△2 ナイママ

時計のかかる馬場で先行できればかなりしぶとい競馬ができる。

前走は全く合っていない舞台だったし、穴馬として期待したいのだが、騎手が騎手だしなぜか後方待機の指示も出ている模様。

はっきりいって理解不能(笑)

 

△3 カイザースクルーン

芙蓉ステークスではルメールにうまく乗られた分だけ負けてしまい、葉牡丹賞は先行馬には厳しいレースで5着なら評価していいはず。

乗り替わりでかなり人気を落としそうだが、相手には入れておきたい。

 

△4 ラストドラフト

新馬戦は負かした馬たちが未勝利を勝ち上がっており、レベルの高い新馬戦だったといえるだろう。

ただ、いくらルメールとは言っても人気になりすぎだしノヴェリスト産駒に期待するのも。

 

△5 リーガルメイン

前走は、上がりのかかった未勝利戦を勝利しておりしれっと戸崎騎手を乗せてきたので一応抑える。

最も、こういう馬を戸崎騎手が持ってくるイメージはないのだが(笑)

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ランフォザローゼス
▲シークレットラン
☆ダノンラスター
△1 カテドラル
△2 ナイママ
△3 カイザースクルーン
△4 ラストドラフト
△5 リーガルメイン

 

買い方

 

3連複

◎-〇▲-印
◎-〇▲☆-印

 

スポンサーリンク