【京成杯オータムハンデ2019 予想】難解なレースなので展開決め打ち!

スポンサーリンク

 

2019年9月8日に中山競馬場、芝1600mで行われるサマーマイルシリーズの第3戦、京成杯オータムハンデの予想です!

今年の京成杯オータムハンデの主な出走予定馬は、グルーヴィット、クリノガウディ、プロディガルサン、ロードクエスト、プールヴィル、ストーミーシーなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→京成杯オータムハンデ 展望

 

京成杯オータムハンデ 予想 【勝負度D】

 

サマーマイルシリーズである京成杯オータムハンデ。

開幕週に行われるハンデ戦で予想が非常に難しい1戦。

例年は差しの決まることが多いレースですが、土曜日の競馬を見ている限り内、先行が有利な状態。

 

 

本命◎はトロワゼトワル

着実に力をつけてきたこの馬を狙ってみたい。

マイル戦は少し長い印象がありましたが、2走前の春興ステークスでは前が止まらなかっただけで最後まで差を詰める競馬ができていました。

前走の豊明特別は追い出しを待って完勝という内容でしたし、52kgという斤量で走れるのはプラスなはず。

横山騎手が先行してくれればいい勝負ができるのではないでしょうか。

「ポツン」はやめてね(^^;

 

対抗〇プールヴィル

週中の注目馬にしていた馬。

桜花賞、NHKマイルは先行馬にはつらい展開になったレースだったし、相手も強かった。

阪神JF、桜花賞の粘りは評価できるものでしたし、斤量が軽くなり先行馬が有利なレースならチャンスはあるはず。

土曜日の馬場状態を考えるともう少し内枠なら評価を上げたのですが、この枠になってしまったので対抗評価にしました。

 

▲クリノガウディ

中京記念では負けてしまいましたが、敗因はコース取りの差。

今回はグルーヴィットより1kg軽い斤量で走ることができますし、立ち回り競馬ができる馬なので内枠を引けたのはプラスになるはず。

 

☆グルーヴィット

3kg増で楽なレースにはならなそうですが、前々でレースを運べそう。

消去法的な選択ではありますが、この馬を4番手にします。

 

△ディメンシオン

新潟記念ではミッキーグローリー、ロードクエストに次ぐ3番目の上がりを繰り出し、結果位置取り負けという内容。

今回のメンバーでも十分通用するとは思うのですが、立ち回り競馬になると差し損ねる可能性が高そう。

北村宏司騎手がきっちりポジションを取れれば好走できそうですが、なんとなく後方からの競馬を選択しそう。

 

 

予想印

 

◎トロワゼトワル
〇プールヴィル
▲クリノガウディ
☆グルーヴィット
△1 ディメンシオン
△2 フローレスマジック
△3 レインボーフラッグ
×プロディガルサン
×ハーレムライン
×ストーミーシー

 

買い方

馬連

◎-○▲☆△
○▲☆ BOX

3連複

◎-○▲☆-印

 

※勝負度はA~Eの5段階。買う金額ではなくあくまで自信と妙味があるかどうかです。
※買い方はあくまで参考までに。
馬券の購入は自己責任でお願いいたします。

 

スポンサーリンク