【中山金杯2019 予想】今年は波乱が起こりそう!

スポンサーリンク

 

こんばんは!

いよいよ、今年の中央競馬が始まりますね(^^)/

ホープフルステークスのせいなのか、あっという間ですね(^^;

今年は、ブログを頑張ろうと思っているのでもう少し準備する時間が欲しかったのですが、競馬がしたくてうずうずしている自分もいます(笑)

 

中山金杯 予想

 

2019年1月5日に中山競馬場、芝2000mで行われるお正月の名物重賞中山金杯(GⅢ)のレース展望です。

今年の中山金杯の主な出走予定馬は、ステイフーリッシュ、マウントゴールド、タイムフライヤー、エアアンセム、コズミックフォース、ウインブライトなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→ 中山金杯 展望

 

中山金杯 予想

 

今年最初の重賞、中山金杯。

グリーンベルトがはっきり出る京都金杯が同日にあるために、少し影は薄くなってしまうがこのレースも内枠ののほうが有利なレース。

タニノフランケルが最内枠を引いたことで、スッと隊列も決まってしまいそうだしスローの立ち回り勝負だと考えてよさそう。

内枠、中山適性を重視して予想したい。

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

内枠を引けて小回り適性のあるこの馬が本命。

準オープンを勝ちきれず、重賞制覇が遅くなってしまった馬だが、重賞制覇後のレース内容が好内容。

2走前は、強い相手に後方からレースを進めて脚を余した感じの4着。前走は、異常に時計のかかる福島競馬でのばてあい競馬で惜しい3着。

高齢なのが気になるところだが、長期休み明けもあり使っているレース数が少ないので目を瞑る!

 

〇コズミックフォース

前走の菊花賞は血統的にも距離が長かったし、セントライト記念はハイペースでスタミナが要求されるレースになってしまったことが大きな敗因。

中山2200mは外回りで、同じ中山でも今回とは問われる条件が異なるし、京成杯で2着もあるのでこの条件は向いているはず。

立ち回り勝負には強そうなので、内の前目で競馬ができれば。

 

▲ラガンディア

NZTで惨敗後、条件戦を使ってきたがレースぶりを見る感じ1600mは忙しい印象。

今回は久しぶりの重賞挑戦となるが、レースセンスはいいタイプだと思いますし、中山もこなせそう。

なんだかんだノーザンファーム生産馬というのも高評価の理由の一つ。

 

☆マウントゴールド

強い馬というよりは恵まれやすい馬というイメージなので、いつか大崩れしそうですが、今回は逃げが信用できない内田騎手のタニノフランケル。

もう少し内枠が欲しかったし、隣にマイネルハニーがいるという並びはあまり歓迎はできないが、展開は前に有利な流れになりそうなので、すんなりある程度ポジションが取れれば。

 

△1 サンマルティン

ここ2走結果を出せていないが、小倉記念は前が有利な流れでの大外ぶん回しで、毎日王冠は相手がかなり強い上に展開も向かなかった。

いい時のレースぶりはこのレースなら十分通用すると思わされるものだったので、内枠とマーフィー騎手への乗り替わりがいいほうに向けば。

 

△2 ウインブライト

昨年の好走は1枠からで今年は11枠と昨年より条件は悪くなっているが、冬場の中山2000mという条件はこの馬にとって絶好のはず。

叩き3走目で絶好条件とくれば狙わない手はないだろう。

 

△3 ステイフーリッシュ

元々、評価する気がなかった馬なのでもう少し内枠を引いて人気を吸って欲しかったのだが、極端な枠順。

後方待機策ではいいところがない馬なので、外をダラダラ走らされる厳しい展開になりそう。

 

△4 アドマイヤリード

前走は低レベルな相手に勝っただけで、ほとんど評価できないレースだったが、ポテンシャルの高さはそれまでのレースで証明済み。

信用できないタイプに典ちゃんという扱いに困る馬だが、嵌まれば。

 

△5 ナスノセイカン

もっと内枠を引いてくれれば、4番手評価まで考えていた馬だがこの枠は厳しい。

前走は完全にどん詰まりで全く追えずといった内容で、負けは全くの度外視でいい。

叩き2走目で上積みがあれば、3着なら。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇コズミックフォース
▲ラガンディア
☆マウントゴールド
△1 サンマルティン
△2 ウインブライト
△3 ステイフーリッシュ
△4 アドマイヤリード
△5 ナスノセイカン

 

買い方

 

馬連

◎-印

3連複

◎-〇▲☆-印

エアアンセムは頭というよりも2~3着のイメージなので、馬連、3連複を中心に。

タイムフライヤーや逃げのタニノフランケルを消しにしているので、印上位とのワイドを抑えるかもしれません。

スポンサーリンク