【中山金杯2019 レース展望!】今年は波乱もありそう!?

スポンサーリンク

 

こんにちは!

毎年、なんとなーく見ていた紅白ですが、今年はかなり面白かったですね(^^)/

遠征も競馬ばかりで、ライブを見に行くようなこともなかったのですが、サザンオールスターズのライブは一回くらい見に行ってみたいです!

 

中山金杯 展望

 

2019年1月5日に中山競馬場、芝2000mで行われるお正月の名物重賞中山金杯(GⅢ)のレース展望です。

今年の中山金杯の主な出走予定馬は、ステイフーリッシュ、マウントゴールド、タイムフライヤー、エアアンセム、コズミックフォース、ウインブライトなど。

 

過去5年のデータ

 

ここ数年で今年が一番メンバーが揃ったのではないでしょうか?

京都金杯が圧倒的に内枠有利という印象がある方は多いと思いますが、実は中山金杯も内枠が有利なレース。

コースがAコースからBコースに変わることで内外の馬場差が少なくなりますし、冬場の中山2000m戦ということでロスなく運べる内枠のほうが有利なのだろう。

今年は、有馬記念デーくらいしか雨に打たれて競馬をしていないので、馬場は内有利との読みでよさそう。

 

GⅢのハンデ戦の割には近年荒れていない重賞ですが、今年は波乱もあるのではないでしょうか。

 

出走馬一言考察

 

アドマイヤリード

オープン特別のディセンバーステークスでは流石に力が違った。
読みにくく、展開が味方しないと厳しい部分もあるので抑えくらいが無難か。

 

ウインブライト

昨年の2着馬で、この時期の中山競馬はベスト条件と言えるはず。
今年は先行馬も少ないので、スムーズに先行できる枠が引ければ。

 

エアアンセム

函館記念で昨年重賞初制覇。

前走の福島記念はマルターズアポジーが飛ばして逃げたせいで全頭ばてあいのような競馬になってしまった。

小回り適性は高そうだし、オールカマーの4着を見てもここでは有力のはず。

 

コズミックフォース

菊花賞は明らかに距離が長かったので、度外視可能。

2000mでの立ち回り勝負は得意なはずで、好枠さえ引ければ。

 

サンマルティン

小倉記念、毎日王冠と結果を出せていないが、小倉記念は全く展開が向かなかったし、毎日王冠は上位陣がかなり強く展開も向かなかった。

大外ぶん回しでは厳しそうだが、内でじっくり脚を溜めて都大路ステークスのような競馬ができれば。

 

ステイフーリッシュ

京都新聞杯を好時計で快勝したものの、ダービーでは後方策で全く見せ場なし。
チャレンジカップ3着で人気を集めそうだが、チャレンジカップデーは内が有利な馬場コンディションでレース内容もそれほどいいものではなかった。

 

ストロングタイタン

4か月の休み明けで+36kgながら中日新聞杯で3着。
走りどころが難しいタイプなので、評価も難しいところだが基本的に急坂のある中山競馬は合わなそう。
人気薄なら必ず1枚は抑えておきたい。

 

タイムフライヤー

GⅠに格上げされたホープフルステークスを制したが、展開が向いた部分も大きいし、他の馬に比べると成長力に疑問も残る。
人気なら怪しいのでは?

 

タニノフランケル

西部スポニチ賞こそ好タイムで勝っているものの、基本的にはスローの逃げでしか結果を出せていない。
良血だが、流石に厳しそう。

 

ナスノセイカン

前走のディセンバーステークスは内でどん詰まりでほとんど競馬にならず。
全く人気はなさそうだが、3着くらいなら。

 

ブラックバゴ

昨年の金杯は惜しい4着で、中山での競馬は向いているはず。
追い込みしかできないので信用しにくい部分はあるが、抑えておいた方がいいだろう。

 

マウントゴールド

安定した成績を出しているが、どうしても先行しているからというイメージが抜けない。

近走も恵まれている印象があり、人気なら嫌いたいところだが。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

枠順がカギを握るレースなので、枠順次第の部分も大きいですがこの馬には重い印を打ちたい。

 

 

 

 

スポンサーリンク