【中山牝馬ステークス2019 展望】

スポンサーリンク

こんばんは!

芝コースの硬度測定値が発表されるようになるみたいですね!

昨年の7月より含水率が発表されるようになりましたし、こういう数値を発表してくれるのは競馬ファンとしては素直にいいことだと思います。(まあ、正確な数値かどうかわかりませんが…)

いつから発表されるかは未定のようですが、高松宮記念、皐月賞と急にタイムが早くなるレースが控えているので、なるべく早くして欲しいところですね(^^;

 

 

中山牝馬ステークス 展望

 

2019年3月9日に中山競馬場、芝1800mで行われる中山牝馬ステークスの展望です!

今年の中山牝馬ステークスの主な出走予定馬は、ミッキーチャーム、ノームコア、クロコスミア、アドマイヤリード、ランドネ、ウラヌスチャームなど。

 

過去5年のデータ

 

スローの立ち回り競馬になったり、大外から差しが決まったりとメンバー次第で傾向がコロコロ変わるレース。

今年は、先週結構な雨の中競馬をしてしまったことで馬場状態も読みにくい。

メンバーや枠の並びをしっかり考えて、恵まれそうな馬をしっかり狙い打ちたいところ。

 

出走馬一言考察

 

ミッキーチャーム

新馬戦4着でそこから2走未勝利を勝ちあがれなかったが、休みを挟んだ函館の未勝利戦でタイムランクAの好時計で快勝。

秋華賞まで大きな着差で勝ってきて、秋華賞では川田騎手の完璧なペース配分があったとはいえアーモンドアイに0.2差の2着。

早い上がりが求められるレースになったときに対応できるかが焦点になりそうだが、クロコスミアもいるし川田騎手鞍上なら中山1800mとはいえ超スローということにはならないだろう。

先週雨が降り多少時計のかかる馬場になっていればなおよい。

 

ノームコア

愛知杯は超スローで前残りの展開の中、後方から唯一差し込んできた。

紫苑ステークスのレース内容は非常に良かったし、アスター賞勝ち、フラワーカップ3着と中山コースの不安は一切ないしここは堅実駆けだろう。

 

クロコスミア

エリザベス女王杯で2着に好走しているが、エリザベス女王杯は逃げ残りが良く起こるレースで恵まれた部分が非常に大きい。

海外帰りだし、ミッキーチャームとガチンコ勝負になると厳しそう。

 

アドマイヤリード

中山金杯は内枠からしっかりポジションを取って競馬をしたが伸びきれずの4着。

スローの決め手勝負に強いが、その分展開に左右されやすい面がある。

6歳のステイゴールド牝馬なので、そろそろ衰えがあっても。

 

ランドネ

前走の愛知杯は恵まれての3着。

今回は同型も多く、戸崎騎手なので有利な枠順を引かないとダラダラ走って終わってしまう気がする。

 

ウラヌスチャーム

前走の愛知杯は出していったために脚が上手く溜まらず、直線では伸びきれなかった。

出たなりでゆっくり進めばいい脚は使えそうなので、展開さえ向けば。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

一瞬の脚しか使えないタイプなので、乗り難しい馬。

前走はマーフィー騎手が積極的な競馬をして4着。

早仕掛けだったのは結果を見ても明らかだが、この馬がこういう競馬ができるというのは意外だった。

立ち回り力が求められるレースでもあるし、内枠で上手く脚を使えば好走も可能だろう。

 

スポンサーリンク