【七夕賞2019 展望】平坦小回りでも時計のかかるスタミナ勝負!

スポンサーリンク

 

こんばんは!

大阪遠征から法事と続き、ちょっとブログ更新のリズムが狂ってしまいました(>_<)

ようやく予定も終わり日常のローテーションに戻ってきたので、今日から毎日更新で頑張っていきます!

POGや大阪遠征の記事など溜まってしまっているので何とか消化しなければ。

 

七夕賞 展望

 

2019年7月7日に福島競馬場、芝2000mで行われる七夕賞の展望です!

今年の七夕賞の主な出走予定馬は、ロシュフォール、タニノフランケル、ミッキースワロー、ストロングタイタン、ブラックスピネル、クレッシェンドラヴなど。

 

過去5年のデータ

 

 

福島競馬場は平坦の小回りコースなので、先行、内枠が有利なイメージがあるかもしれませんが、このレースは前半からハイペースになることが多く上がりのかかるスタミナ勝負になることが多い。

昨年から時計のかかる馬場になってきており、先週も雨の中で競馬が行われたし、今週も雨予報ということでかなりスタミナが要求されるレースになりそう。

 

 

出走馬一言考察

 

ロシュフォール

3歳馬がおらず、4歳馬もこの馬とタニノフランケルだけということでルメール騎手でなくても人気になりそう。

準オープンのアメジストステークスでは33.2の上がりを使い、1.58.3という好時計でダノンキングダムを抑えての勝利。

重賞初挑戦の新潟記念は、直線だけの競馬になり追い出しを待たされるシーンもありながら、上がり最速でミッキースワローとは差のない競馬が出来ている。

ただ、好成績を出しているのは早い上がり時計の出る東京、京都、新潟だけ。初戦となったの未勝利は内田騎手が乗り、かなり早くから捲っていく競馬をし最後に止まってしまい6着。

時計のかかる馬場でのスタミナ勝負には向いてなさそう。

 

タニノフランケル

ウォッカの子供で人気先行。

重賞での2度の好走は展開に恵まれたのがほとんどで、力を出せない展開になるとあっさり負けてしまうタイプ。

平坦の小回りという条件は合っていそうだが、今回は同型のマルターズアポジーがいるし展開的に楽になることはないだろう。

基本は軽視で良さそうだが、netkeibaさんの想定オッズほどは売れないだろう。

 

ミッキースワロー

前走のエプソムカップはスローになりすぎて完全に度外視でいい1戦だった。

とはいえ、不器用なだけでもう少し能力はあると思っていたが近走内容は案外というものが多い。

良馬場でしか良績がないし、ハイペースに強いタイプというわけでもなさそう。

ポツンで最後まで仕掛けを遅らせるような競馬をすればチャンスもありそうだが、横山騎手から乗り替わりになるようなので、そこまで腹を括った騎乗ができるだろうか。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走の大敗で大きく人気を落としそうですが、今回変わり身があっても全く驚けないのではないでしょうか。

小回りは得意な馬ですし、2走前は大外枠からのスタートでロスも大きかった上での好走。

2走前に負けた馬よりも今回は斤量が軽くなりますし、重馬場にさえ適応できれば。

スポンサーリンク