【ローズステークス2019 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

ローズステークス 展望

 

2019年9月15日に阪神競馬場、芝1800mで行われる秋華賞トライアルのローズステークスの展望です!

今年のローズステークスの主な出走予定馬は、ダノンファンタジー、ウィクトーリア、シゲルピンクダイヤ、ビーチサンバ、スイープセレリタス、シャドウディーヴァなど。

 

過去5年のデータ

 

紫苑ステークスが重賞に格上げされたり、直行のローテーションが流行ってきたこともあり、ここ3年ローテステークスから秋華賞馬は出ていないが、それでも毎年2頭くらいは好走してくるのがこのローズステークス。

阪神1800mという誤魔化しの効かないコースで行われるので、強い馬が確実に走ってきそうなレースですが近年は波乱傾向。

ただ、これは2016年以降きちんとオークスで上位に好走した馬が出てきていないのが原因といえそう。

1勝クラス(500万)からでも好走する馬もいるので、実績だけで嫌うことはせずしっかりレース内容を吟味したほうがいいでしょう。

 

出走馬一言考察

 

ダノンファンタジー

無敗で2歳チャンピオンになり、チューリップ賞も制して3歳牝馬路線の主役になったが、桜花賞とオークスは4着、5着。

桜花賞は外枠からのスタートで前に馬を置くことができず、道中かかってしまった上にグランアレグリアに先に抜け出されてしまって追いかける形になってしまったのも苦しかった。

オークスでもかかるそぶりを見せていましたが前に馬を置くことができたので桜花賞よりはましな競馬ができていた。そもそも距離が長かったし、直線での不利もあったので度外視も可能。

気性的にマイルくらいがベストだとは思いますが、距離短縮はいいほうに向くはずですし高速馬場もこの馬には合っているだろう。

内枠を引いて前に馬を置ける形が一番ベストですが、川田騎手ならきっちり競馬をしてくれるでしょう。

 

ウィクトーリア

函館の新馬戦をタイムランクAで勝った割には、その後成績を出せていなかったが一度休みを挟んだ年明けの500万をあっさり逃げ切り勝ち。

これは相手も大して強くなかったですし、しっかり逃げて自分でレースを使ったルメール騎手の好騎乗が光る一戦でした。

フローラステークスは開幕週で行われるので、内、先行が有利になりやすいレースで馬柱とゴール前の映像だけ見ると外から33.2の上がりを使い、唯一伸びてきて差し切ったように映るかも知れないが、内枠からスタートし道中は全くロスのない競馬ができていた。

2着だったシャドウディーヴァがスムーズに抜け出せていれば結果は変わっていただろう。

オークスでは出遅れてしまい後方からになってしまった(いかにも戸崎騎手らしい)ものの、直線では縫うように追い込んできてダノンファンタジーやグランアレグリアに先着しての4着。

オークス最先着なので当然注目すべき馬ではあるのですが、オークスでの好走は距離適性が他の馬よりも合っただけという印象がある。

 

シゲルピンクダイヤ

未勝利戦ではハチャメチャな競馬ながら3着に好走し、未勝利戦をあっさり勝利。

チューリップ賞ではダノンファンタジーが内枠からロスのない競馬をしている中、大外から追い込んできて2着に入り権利を獲得。

本番の桜花賞も外枠を引いてしまいましたが、内に進路を取りながら直線ではじりじりと伸びてきてグランアレグリアの2着に好走。

オークスこそ惨敗してしまいましたが、距離が長かったのでこれは度外視でいいでしょう。

高速馬場でスローの決め手勝負になると差し損ねる印象が。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

牝馬主要路線できっちり好走してきており、前走は外枠と距離が響いてしまっただけという印象。

安定感のあるタイプですし、内枠を引いてロスのない競馬ができれば馬券圏内は十分にあるでしょう。

 

スポンサーリンク