【ユニコーンステークス2019 展望】

スポンサーリンク

ユニコーンステークス 展望

 

2019年6月16日に東京競馬場、ダート1600mで行われるユニコーンステークスの展望です!

今年のユニコーンステークスの主な出走予定馬は、デュープロセス、デアフルーグ、ワイドファラオ、ヴァイトブリック、ノーヴァレンダ、ヴァニラアイスなど。

 

過去5年のデータ

 

ダービーは終わってしまったが、3歳ダート王決定戦といえるのはこのレース。

過去の勝ち馬を見ても、ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームなど古馬になってもGⅠレースで活躍するような馬を輩出するレース。

東京競馬場1600mで行われるということもあり、スタミナだけで瞬発力も要求されるレース。

 

出走馬一言考察

 

デュープロセス

新馬戦こそタイムランクAのレースでケイアイターコイズに逃げ切り勝ちを許したが、そこからは好内容続きのレースぶりであっさり4連勝。

決め手も使えるタイプのなので不安は少ないだろう。

 

デアフルーグ

前走は1番枠からのスタートで厳しいレースになったが、最後はしっかり伸びてきてデュープロセスよりも0.4早い上がりを使っての2着。

ダート馬としての能力は相当高いはずで、中山1800mのようなスタミナの問われるレースなら信頼度は上がると思うのだが、果たして時計の出る東京の馬場でどのくらいできるか。

 

ワイドファラオ

ヘニーヒューズ産駒なのでダート替わりはいかにも歓迎というタイプ。

だが、NZTは最内枠からかなり展開に恵まれての好走だったし、いくらダートに変わっても決め手のあるタイプだとは思えない。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

ダートを使ってから馬が一変。

少しずぶい部分はあるのでこの舞台がベストだとは思えないし、1200mから参戦してくる馬もいるのでハナを奪うのも難しそうだが、長くいい脚を使える馬なのでハイペースのポテンシャル勝負になれば粘りこめるかも。

スポンサーリンク