【マイラーズカップ2019 展望】ダノンプレミアムの相手探し

スポンサーリンク

マイラーズカップ 展望

 

2019年4月21日に京都競馬場、芝1600mで行われるマイラーズカップの展望記事です!

今年のマイラーズカップの主な出走予定馬は、ダノンプレミアム、インディチャンプ、パクスアメリカーナ、モズアスコット、グァンチャーレ、ケイアイノーテックなど。

 

過去5年のデータ

京都の開幕週で行われる重賞レースということで、早いタイムでの決着が多く内枠馬の好走が目立つレース。

今年はダノンプレミアムが出走してくることで少頭数になったし、スローになることが濃厚で、立ち回り競馬になりそう。

ポジションを取れるか、スローの決め手勝負に強いタイプを狙ったほうがいいだろうが、馬券的に妙味のあるレースとは言えなそう。

 

出走馬一言考察

 

ダノンプレミアム

朝日杯以来久しぶりのマイル戦。

サウジアラビアロイヤルカップでは、1.33.0で走っておりマイルの高速時計決着にも十分対応できそう。

枠順次第だが、川田騎手ならきっちりポジションをとってロスの少ない競馬をしてくるだろうし今回は崩れるイメージが全く湧かない。

おそらく圧倒的な人気になるだろうが、ここは鉄板級だろう。

 

インディチャンプ

条件戦を2連勝で臨んだ、東京新聞杯は内枠からロスのすくない競馬だったとはいえ1.31.9の好時計での完勝。

立ち回り競馬になりやすいので、脚質的には不安があるが少頭数だし福永騎手とも手が合っていそう。

大外枠でも引かない限りは、無難に好走してくるだろう。

 

モズアスコット

安田記念を勝ってはいるものの、ルメール騎手の好騎乗や連闘ショックによるものが大きい。

立ち回り競馬も得意ではなさそうだし、フランケル産駒はスローの決め手勝負に弱い馬が多く、一度崩れるとなかなか立ち直ってこないのもこの産駒の特徴。

上位2頭とは、差がありそうで嫌うならシンプルにこの馬ということになりそう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

今回は2頭が強そうで、10頭立てということでなかなか妙味にある穴馬を探すのが難しい。

それほど狙い目のある馬だとは思えないのだが、出走メンバーを考えるとこの馬くらいしか買いたい馬がいない。

昨年は大外枠からのスタートで、早めに動きだしての6着だったし、立ち回り競馬なら3着はあってもいいだろう。

 

スポンサーリンク