【プロキオンステークス2019 展望】

スポンサーリンク

プロキオンステークス 展望

 

2019年7月7日に中京競馬場、ダート1400mで行われるプロキオンステークスの展望です!

今年のプロキオンステークスの主な出走予定馬は、マテラスカイ、サンライズノヴァ、ミッキーワイルド、ウインムート、サクセスエナジー、ヴェンジェンスなど。

 

過去5年のデータ

 

中京ダート1400mで行われるプロキオンステークス。

このレースに限ったことではないが、ダートの短距離路線というのは全く整備されておらず1400mの重賞はこのレースと根岸ステークスだけ。

ですが、根岸ステークスが最も差しの決まりやすいレースなのに比べて、プロキオンステークスは中京競馬場で行われるので内枠、先行が有利なレースになりがち。

先週も内枠さえ買っていれば儲かるような馬場状態になっていたので、内枠の馬や逃げて最内を通れそうな馬はしっかり押さえておいた方がいいだろう。

 

出走馬一言考察

 

マテラスカイ

昨年は不良馬場での競馬だったとはいえ、スピードの違いで逃げてレコード勝ち。

その後なかなか日本で成績を出せていなかったが、遠征したドバイのゴールデンシャヒーンでアメリカ調教馬相手に2着と好走。

今の中京の馬場状態を考えても、最内のコースをスムーズに走れれば連覇というのは十分にありそう。

好走できるかどうかは枠の並びが重要になるだろう。

 

サンライズノヴァ

今回全く買いたくないのはこの馬。

昨年のチャンピオンズカップの負け方がいかにもこの馬らしい負け方で、今の中京で外を回す競馬で勝つのは相当厳しそう。

能力にも陰りが見えてきた感じ。

 

ミッキーワイルド

3歳の春までは芝のレースを使われてきたが、ダートに変わってから成績が一変。

芝のコースで勝てなかったことや、ここまでのダート戦でのレースぶりを見る感じでは瞬発力勝負に弱く、ワンペースで長くいい脚を使えるタイプ。

スタートから早い脚を使える馬ではないので、ポジションを取れるかどうかがカギにはなりそうだが、ハイペースの1400m戦は向いていると思うので、内枠さえ引ければ。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

差し馬ではありますが、器用な面を持っているこの馬が面白そう。

チャンピオンズカップのウェスタールンドのような競馬ができる馬なので、枠順とコース取り次第ではチャンスはありそう。

ただ、鞍上が変わってしまったので無駄に人気になってしまいそう。

スポンサーリンク