【フローラステークス2019 展望】

スポンサーリンク

フローラステークス 展望

 

2019年4月21日に東京競馬場、芝2000mで行われるフローラステークスの展望です!

今年のフローラステークスの主な出走予定馬は、ウィークトーリア、シャドウディーヴァ、フェアリーポルカ、エアジーン、ジョディー、セラピア、ウインゼノビアなど。

 

過去5年のデータ

 

東京の開幕週で行われるということで、基本的には内枠、先行が有利なレース。

毎年一頭くらいかなり早い上がりを使って追い込んでくる馬が馬券に絡んではいるが、今年のメンバーはレベルが低そう。

枠順が出ないとなんとも言えないレースだが、思い切って内枠や先行馬は全部相手に入れるくらいの思い切った勝負をした方がいいレースかもしれない。

 

出走馬一言考察

 

ウィークトーリア

函館1800mの新馬戦をタイムランクAの好時計での完勝。

札幌2歳ステークスは早仕掛けながら4コーナーで一気に差を詰めるような競馬が出来ているし、赤松賞では前が壁になりポジション取りが悪くなってしまったし追い出しにも時間がかかってしまった。

前走は楽逃げだったので高い評価はしない方がよさそうだし、東京の開幕週というのは合ってなさそう。

戸崎騎手は離し逃げで上手く後続に脚を使わせるような競馬が出来ないので、スローの決め手勝負になってキレ負けしてしまいそう。

 

シャドウディーヴァ

勝ちあがるのに3戦を要してしまったが、勝ちあがった未勝利戦は上がりタイム2位のイサクより0.6も早い33.4を使っての完勝。

フラワーカップでは、桜花賞でもいい競馬をしたエールヴォアよりもいい足を使えているし、相手からの比較ならこの馬が最上位だろう。

馬場状態にもよるが、内先行があまりにも有利な馬場だと枠順次第では危なそう。

 

フェアリーポルカ

若駒ステークスではヴェロックス相手に3着になっているが、ほとんどロスのない競馬をしながら上位2頭とは差のあるレースだった。

自己条件に戻した君子蘭賞は同日に行われた毎日杯よりも0.4早い時計で勝っているが、相手関係は強くなく毎日杯のレベルが低すぎたのだろう。

馬柱を見ると毎回しっかりポジションを取って競馬をできているように映るかもしれないが、スタートセンスがそれほどあるわけではなく、周りの馬が遅かっただけ。

多頭数で大外スタートになるとポジションをとれなそうだし、ルーラーシップ産駒だけ合って切れ味勝負になってしまうと厳しいのでは?

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

新馬戦こそ10着に敗れてしまったが、その後未勝利勝ちを挟んでいるが負けているレースは

不利→不利→前残り→追い出しが遅く脚を余す

と正直馬にはかわいそうなレースばかり。

前走で負けた馬とはほとんど差がなかったのに、人気では大きな差が開きそう。

もっとも、この騎手なので人気を落とすのは仕方ないし期待しすぎると痛い目にあいそうではあるが(笑)

スポンサーリンク