【フラワーカップ2019 展望】

スポンサーリンク

 

こんばんは!

今日は船橋競馬場でダイオライト記念が行われていたので、予想をしていたのですがハズレてしまいました(>_<)

◎ミツバは能力あるのに出し切れないことが多いのですが、今回はグダグダの酷い競馬になってしまいましたね。

チュウワウィザードは馬が強いことに加え川田騎手ということで、死角がなかったですね。

 

明日は、名古屋グランプリもあるので何とか的中させて週末の4重賞にいい流れでいきたいものです(^^)/

 

フラワーカップ 展望

 

2019年3月16日に中山競馬場1800mで行われるフラワーカップ(GⅢ)の展望です!

今年のフラワーカップの主な出走予定馬は、エールヴォア、コントラチェック、レッドベルディエス、ジョディー、シャドウディーヴァ、エフティイーリスなど。

 

過去5年のデータ

この時期の3歳牝馬重賞はレースレベルがはっきりしており、このレースは桜花賞への最後のチャンスと言えるレースだが、残念ながらレースレベルはかなり低め。

中山1800mという条件ということもあり、スローの前残りになりやすく馬券になるのは先行馬がほとんど。

ペースが流れて差しの決まりやすい桜花賞とは全く異なる性質があるレースなので、先には繋がりにくい。

先行できて、時計のかかる馬場でいい脚を使える馬を狙うのが正解だろう。

 

 

出走馬一言考察

 

コントラチェック

サフラン賞でルメールにしては消極的な競馬をして2着に負けてしまい、次走予定していたフェアリーステークスは痛恨の抽選漏れ。

菜の花賞で記録した1600m1.33.8という時計は相当優秀なもの。

逃げた時しか勝ち切れていないことや、ルメールからの乗り替わりというのは非常に気になるところだが、自分の形に待ち込めれば当然有力。

 

エールヴォア

新馬戦こそそこまでいい内容とは言えない2着だったが、阪神1800mの未勝利戦はタイムランクA相当のタイムで、プランドラーに6馬身差をつける圧勝。

アルテミスステークスは3着だったが、パトロールビデオをみると上位2頭より前のポジションを取ったのに、道中で挟まれてポジションを下げ、前の馬が下がってきたことでさらにポジションを悪くしてしまった。

エリア賞はブラヴァス相手に完勝と言える内容でしたし、トライアルにデムーロ騎手を乗せてきたというのは何としても権利を取りたいということだろう。

 

ジョディー

逃げないと持ち味の生きない馬で、負けたレースは先行すらできなかったので度外視でいいはず。

今回は、同型が多いうえに距離延長で厳しいレースになりそうだがすんなりポジションさえ取れれば残り目もあるかも。

 

シャドウディーヴァ

新馬戦で披露した末脚は強烈だったが、前走のフリージア賞ではスローからの末脚勝負でキレ負け。

長くいい足を使えるタイプなので、スローすぎてしまうと良くないタイプなのだろう。

勝ちあがった未勝利戦では直線で挟まれるようなシーンがありながら、抜け出してきて完勝しており多頭数の競馬はマイナスにならないはず。

2000mではかかるそぶりも見せていたので、ハーツクライ産駒ではあるが距離短縮がいい方に向くかもしれない。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

全く人気がないが、大穴ならこの馬が面白そう。

騎手がこういう立ちまわり競馬で来るイメージがないので、重い印は打ちにくいのだが2走前のレース内容は非常にいいものだった。

スタートセンスはいいので内枠が欲しいところ。

スポンサーリンク