【フェブラリーステークス2019 予想】

スポンサーリンク

 

こんばんは!

待ちに待った2019年最初のGⅠですね(^^)/

ダートGⅠではありますが、ルヴァンスレーヴこそいないものの好メンバーが揃いましたし、藤田菜七子騎手の初GⅠ騎乗などもあり今年は観戦するだけでも、面白いレースになりそうです。

まあ、馬券はがっつり買いますが(笑)

 

2019年2月17日に東京競馬場、ダート1600mで行われるフェブラリーステークスの予想です。

今年のフェブラリーステークスの主な出走馬は、インティ、ゴールドドリーム、オメガパフューム、コパノキッキング、サンライズノヴァ、サンライズソア、ノンコノユメなど。

週中に展望記事もアップしています!

こちら→フェブラリーステークス 展望

 

フェブラリーステークス 予想

 

2019年最初のGⅠフェブラリーステークス。

1600mで行われることで、短距離馬、中距離馬がどちらも揃ろいダート王決定戦と呼ぶにふさわしいレースなのだが、この東京1600mというのは一筋縄ではいかない条件。

 

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

週中の段階では、本命の予定ではなかったのだが、この枠の並びならこの馬の能力を最大限に生かせそう。

東京マイル実績が全くないので、どうしても昨年のテイエムジンソクがチラつくのだが、タイムやラップを見ると、昨年の東海ステークスとは比べ物にならない。

芝スタート+中京ほど逃げ先行馬が有利なコースではないという不安もあるが、土曜日の競馬を見ている限り、先週ほど差しが決まる馬場ではなさそうだし、枠の並びを見ても外から被されることはほぼない枠順になった。

武豊騎手ならしっかり後続に脚を使わせる競馬をしてくれるだろう。

 

○ゴールドドリーム

本命候補だったのだが、内枠を引いてしまったので対抗評価に。

東京大賞典では、オメガパフュームに負けてしまったが大井競馬場2000mは向いた条件ではなく、ポテンシャルだけでなんとか好走したかんじ。

これまでのレース振りを考えれば、東京のマイル戦なら一番好走率が高い馬だとは思うが、前走が出遅れ気味だったことが大きな不安材料。

鞍上のルメールも乗れているときなら、「反則だ!」と叫びたくなるようなポジション取りをしてくるが今年になってから乗れていない。

少しでもスタートが、遅れて外から被される展開になると能力を発揮できないことも。

 

▲クインズサターン

鬼門ともいえる1番枠を引いてしまったが、揉まれることを苦にしないこの馬にはマイナスにはならなそうなので、人気に落としてくれるならむしろこの枠は歓迎。

 

☆サンライズノヴァ

前走は首を傾げたくなるような負け方だったが、スタートから少し追っ付け気味に追走したことが敗因。

1400mよりは1600mの方が追走が楽になるし、前走のような競馬はしないだろう。

 

△1 ユラノト

武蔵野ステークスでは、やや追い出しを待たされる場面があり、切れ味勝負に負けてしまっての4着。

1700mで行われたマリーンステークスでは、ハイランドピークが作ったハイペースにも対応できたし、スタミナの心配はなさそう。

決め手に欠けるので、頭は厳しそうだが内で上手く立ち回われれば2.3着はありそう。

 

△2 サンライズソア

地味なタイプだが、じわじわと実績を積み重ねてきた。

東京マイル実績もそこそこあるが、武蔵野ステークスの2着は落ち目のインカンテーションに負けてしまっているし、そんなに向いた条件ではなさそう。

3番手くらいに付けて、インティが後続に上手く脚を使わせながら競馬を出来れば残り目もありそう。

 

△3 オメガパフューム

ロスの多い競馬になったチャンピオンズカップこそ負けてしまったが、東京大賞典ではゴールドドリームに先着。

これまでのレースぶりからは最後までグイグイ伸びてこれるので、力のいるダートのほうがいい印象。

青竜ステークスで3着に好走しているが、位置取り負けという内容でこの舞台ではキレ負けしそう。

好枠を引けて、M.デムーロなので押さえるができれば飛んで欲しいところ。

 

△4 ノンコノユメ

昨年とは違いチャンピオンズカップからのぶっつけ。

昨年のフェブラリーステークス以来馬券圏内に入れていないが、この馬が走れていないわけではない。

チャンピオンズカップなんて完全に内を通った馬しか好走出来なかったレースでこの馬が好走できるようなレースではなかった。

昨年と同じローテで走れなかったのは気になるが、ここが最も向いている条件のはず。

 

△5 モーニン

包まれるのがダメな馬なので、外枠なら抑え、内枠なら軽視と思っていたのだが、なんとも中途半端な5枠。

前走の根岸ステークスは厳しいと思っていたが、なんとしても外に出すという和田騎手の気迫が感じられるようなレースで4着に好走しており、和田騎手は完全にこの馬を把握しているのだろう。

距離が伸びて14頭立てというのも、プラスで東京のマイル実績はあるので一応抑え。

 

消し  コパノキッキング

好感度を下げそうだが、この馬を素直に嫌います(笑)

ここ数年、根岸ステークスからこのレースの好走馬も出てきているが、それまでは鬼門と言えるローテーションだった。

根岸ステークスからの好走馬を見てみても、マイルでの実績があり、末脚が武器でいかにも東京向きという馬やワンターンの競馬が得意という馬ばかり。

藤田菜七子騎手には頑張って欲しいが、現実的には厳しそう。

外枠を引けたので、ロケットスタートを決めて、ポジションを下げながら脚を溜める競馬ができれば、好走もあるかもしれないがそれはそれで素直に藤田菜七子騎手にやられたということで諦めます!

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ゴールドドリーム
▲クインズサターン
☆サンライズノヴァ
△1 ユラノト
△2 サンライズソア
△3 オメガパフューム
△4 ノンコノユメ
△5 モーニン

 

買い方

 

人気馬を本命にしてしまっているので、買い方が難しい。

3連複

◎-○-▲☆△1△2

3連複

◎-▲☆-印

オッズとにらめっこして上手に買いたい。

スポンサーリンク