【フィリーズレビュー2019 展望】

スポンサーリンク

フィリーズレビュー 展望

 

2019年3月10日に阪神競馬場、芝1400mで行われるフィリーズレビューの展望です!

今年のフィリーズレビューの主な出走予定馬は、アウィルアウェイ、レッドアネモス、ホウオウカトリーヌ、プールヴィル、キュールエサクラ、ココフィーユ、メイショウケイメイなど。

 

過去5年のデータ

 

桜花賞トライアルのフィリーズレビューだが、本気で桜花賞を狙う馬はチューリップ賞の方にいくか、間隔を空けてぶっつけというパターンが今の主流。

このレースは桜花賞では少し厳しいくらいの馬しか出て来ず、短距離馬も多数出てくるのでハイペースの競馬になりやすい。

スピードだけの短距離馬や、スロー競馬しか経験していない馬も多く出てくるが、あっさり飛ぶことも。

ワンペースでしっかり最後まで走れるタイプを狙いたい。

 

出走馬一言考察

 

アウィルアウェイ

前走の京王杯は1400m戦で前半600m38.0、1000m通過が1.02.9というとんでもないスローペースになり直線400mだけのレースだった。

スローで前にいたファンタジスタこそ捉えられなかったものの、物理的に限界ともいえる32.8という上がりを使えていたので、負けて強しという内容だった。

ただ、この馬は、新馬戦からスローの競馬しか経験しておらずハイペースになりやすいフィリーズレビューで好走できるかは正直未知数。

1番人気ということで積極的に買う馬ではないのでは?

 

レッドアネモス

サフラン賞でコントラチェックを負かしているが、展開に助けられた部分が大きかったしなによりスローのマイル戦という舞台が合っていたのだろう。

それほど早い脚を使える馬ではないので、1400m戦では逃げることはできなそうだし今回は苦戦しそう。

 

ホウオウカトリーヌ

すでに6走を消化しており今回で7戦目。

ここまで一番いいレースをした未勝利戦はタイムランクAでの快勝。

スパッと切れるタイプではなく、ワンペースで運んでいく競馬が最も合っていそうなのでこのレースは条件が向いていそう。

賞金を持っているので、そこまで本気では来ないだろうが流れに乗れれば。

 

プールヴィル

差しの決まったハイレベルレース阪神JFでは先行しながら5着を確保。

紅梅ステークスこそ、メイショウケイメイに勝てなかったが直線での捌きがもう少しスムーズなら十分逆転できた競馬だった。

本番の権利を取るためにもここは仕上げてきそう。

 

メイショウケイメイ

1600mで行われた阪神JFでは大外枠からダラダラと外を走らされ、最後は決め手勝負という苦しい競馬。

時計のかかる京都競馬場で行われた紅梅ステークスで、プールヴィル相手に勝っているように時計のかかる競馬の方が得意なタイプ。

ハイペースになりやすいレースなので、キレ負けすることはなさそうだが時計勝負に対応できるかは疑問。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

 

抽選馬が多くどの馬が出走できるかわからないですが、確実に出走できるこの馬も面白そう。

ハイペースになり時計勝負になりやすいので、時計を持っているというのはそれだけでプラス評価ができる。

血統的にもワンペースで走るタイプなので、スローの競馬ではキレ負けしてしまうがペースが流れれば流れ込めるはず。

スポンサーリンク