【ファルコンステークス2019 展望】

スポンサーリンク

 

こんばんは!

本日予想した名古屋大賞典がサクッと的中しました!

◎ヒラボクラターシュが頭か3頭で決まるパターンのみを買っていたので、配当は安かったですが、昨日、今日でほぼトントンにできました(^^)/

◎ヒラボクラターシュが頭に来てくれれば、大きく勝てたんですけどね(^^;

大きく勝つのは週末にとっておこうと思います(笑)

 

ファルコンステークス 展望

 

2019年3月16日に中京競馬場、芝1400mで行われるファルコンステークス(GⅢ)の展望です!

今年のファルコンステークスの主な出走予定馬は、ローゼンクリーガー、ヴァッシュモン、ダノンジャスティス、ドゴール、ハッピーアワー、イッツクール、グルーヴィットなど。

 

過去5年のデータ

 

 

目標となるレースがNHKマイルカップくらいしかない1400m戦。

この時期ならではの長い距離を使ってみたいということで1200m戦から参戦する馬も多く、ハイペースになりやすい。

とは言え、雨でも降って時計のかかる馬場にでもならなければ最後方からの追い込みが決まるようなレースではなく、ハイペースでもしっかり最後まで走り切れるタイプを狙いたいところ。

 

出走馬一言考察

 

ローゼンクリーガー

前走の阪神ジュベナイルフィリーズは先行馬に厳しい流れの中で終始外々を回らされる競馬で度外視可能。

アウィルアウェイやプールヴィルには負けてしまっているが、中京1400mの新馬戦で1.21.6というのは優秀。

ハイペースになりやすいレースで時計を持っているというのはそれだけで評価できるし、中京実績があるというのもプラス。

 

ヴァッシュモン

新馬戦は1200m戦だったことに加え、重馬場で大外枠。

次走の1400mの未勝利戦は好時計で快勝。

1600m戦のジュニアカップは1000mの通過が57.9という超ハイペースだったが、かかるほどのいきっぷり。

最後方を追走していたカルリーノにこそ最後詰められてしまったが最後までしっかりしのぎ切った。

鞍上の田辺騎手は最近全く乗れておらず、いいレースをした次はポカるイメージがあるので本命にはしにくいのだが…

 

ドゴール

サウジアラビアロイヤルカップでは、グランアレグリアの2着に好走しているがグランアレグリア以外のメンバーは大して強くなく、勝ちタイムも翌日の未勝利戦より遅かった。

前走のクロッカスステークスはディキシーナイト、ルガールカルムという強い相手にスローの切れ味勝負で負けてしまったが、新潟の1400m戦は好内容だった。

多少上がり時計のかかる方がよさそうではあるので、中京の1400m戦は向いている可能性も。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

ここまでの2走は全く異なる条件のため評価が難しいところではあるが、昨年もダート替わりのミスターメロディがこのレースを制したし、この馬にもチャンスはありそう。

血統も馬体も芝をこなせそうだし、ワンペースの競馬になれば。

スポンサーリンク