【チューリップ賞2019 展望】

スポンサーリンク

 

チューリップ賞 展望

 

2019年3月2日に阪神競馬場、芝1600mで行われるチューリップ賞GⅢの展望です!

今年のチューリップ賞の主な出走予定馬は、ダノンファンタジー、シェーングランツ、ノーブルスコア、メイショウショウブ、タニノミッション、ドナウデルタ、ブランノワールなど。

 

過去5年のデータ

 

 

昨年、アーモンドアイがシンザン記念から桜花賞を制したことで、ぶっつけや他の路線からの桜花賞へ行く馬が増えたが、それでもやはり桜花賞の最重要トライアルはこのチューリップ賞。

阪神外回りコースで行われることで、能力と決め手のある馬の好走が目立つ。

素直に強い差し馬を狙えば良さそう。

 

出走馬一言考察

 

ダノンファンタジー

新馬戦こそ、グランアレグリアに負けてしまったものの1.33.9で走っており相手が悪かっただけ。

ファンタジーステークスは相手が弱く、出世レースでもないので高く評価することは出来ないが、阪神JFは強いの一言。

後方でじっくり脚を溜めて、クロノジェネシスと併せて伸びて、3着のビーチサンバをあっさり交わし、クロノジェネシスに一度並ばれそうになるシーンもありながら、最後は伸び返して半馬身差。

C.デムーロが極端な競馬をしてしまったのが不安材料ではあるが、今回それほど強い相手もいないので好走はして来るだろう。

 

シェーングランツ

アルテミスステークスを優勝して、阪神JFでも4着なので今回のメンバーでは明らかに実績上位。

阪神JFでは内枠からの競馬で、もう少しスムーズに競馬ができていればもっと走れたとは思うが、ここまでのレースぶりを見ている限りエンジンのかかりが遅く器用さに欠けるイメージ。

阪神外回りコースは、合っていると思うが内枠に入ってしまうと厳しそう。

 

ノーブルスコア

ここ2走は異常に時計のかかる京都での競馬。

3着を外さない安定した走りをしてきたが、その分決め手には欠ける印象で阪神1600mという舞台は合ってなさそう。

 

メイショウショウブ

アドマイヤマーズと接戦を演じたデイリー杯はややフロックかと思っていたが、阪神JFでは追い込みが決まったレースで唯一先行して6着に残した。

着順以上の好内容と言っていいはずで、地味なわりに能力は相当いいものを持っているはず。

差しの決まりやすいレースではあるが、展開的には恵まれそう。

 

ドナウデルタ

良血ということで人気になってきたが、新馬戦で負けたブラックダンサーは500万でも好走できていないし、未勝利2着の馬は勝ちあがれてもいない。

早い上がりも使えるタイプではないし、基本的に消しでいいだろう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

地味なタイプでまだ実績的には足りていないが、ここ2走の走りは見どころがあった。

追い出すとグングン伸びてくるいい足を持っており、阪神の外回りコースはいかにもピッタリ。

陣営としては、なんとしても3着には入りたいはずで勝負度は高いはず。

スポンサーリンク