【チューリップ賞2019 予想】ブランノワールに頑張って欲しいところだが…

スポンサーリンク

2019年3月2日に阪神競馬場、芝1600mで行われれるチューリップ賞の予想です!

今年のチューリップ賞の主な出走予定馬は、ダノンファンタジー、シェーングランツ、ノーブルスコア、メイショウショウブ、ドナウデルタ、ブランノワールなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→チューリップ賞 展望

 

チューリップ賞 予想

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

狙ってみたい穴馬はいるが、この馬が3着に来る可能性が最も高いと思うので、素直に本命にする。

最内枠に入ってしまったのは、大きなマイナスだと思うが阪神JFまでのレースぶりを考えると今回のメンバーでは力が抜けているはず。

トライアルレースということもあり、頭で鉄板!

というほどではなさそうなので、負けた時のボーナス馬券は少し持っておきたい。

 

〇シゲルピンクダイヤ

新馬戦は3,4コーナーでポジションを下げるロスがありながら、最後までしっかり脚を伸ばして3着まで追い上げた。

未勝利戦はすでに勝ちあがった馬が多数いるレースで、上がり最速を使いあっさり勝ちあがり。

揉まれても大丈夫なタイプなので、もう少し内枠の方がよかったような気もするが、レース傾向的には外枠の差し馬は絶好のねらい目。

問題はどのくらい人気になるかだけ。かなり狙われている感じもあるが地味なだけにどこまで売れるか。

 

▲メイショウショウブ

ダートで未勝利戦を勝ち上がったので地味な印象を与えるが、デイリー杯はフロックっぽい競馬ながら、アドマイヤマーズと0.1差。

阪神JFは、外差しが決まった競馬で負けたのは強い馬ばかり。

先行した馬の中では最先着しているし、今回は展開にも恵まれそう。

逃げ馬が勝ちやすい舞台でないことだけが不安だが、逃げ切りがあっても驚けない。

 

☆シェーングランツ

ソウルスターリングの下ということで、人気先行しやすいタイプ。

アルテミスステークスでは、ビーチサンバをきっちり差し切って勝利しており世代で上位の能力があるはず。

エンジンのかかりの遅いタイプなので、前走のように内枠で追い出しを待たされるようなレースになってしまうと差し届かない可能性が高いが、阪神外回りと今回くらいの枠番なら力を出し切れそう。

 

△ブランノワール

POGで指名しているし、藤井騎手が乗るということで今回最も頑張って欲しい馬で、陣営としてもここできっちり権利を取りたいはず。

前走のエルフィンステークスはアクアミラビリスが化け物過ぎた部分もあるが、乗り難しい面もある馬。

福永騎手が合っているイメージがあったので、この乗り替わりはマイナスになってしまいそう。

 

△サムシングジャスト

シュタルケ騎手なのは気になるが、外枠の差し馬に該当するこの馬は一枚抑えておきたい。

 

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇シゲルピングダイヤ
▲メイショウショウブ
☆シェーングランツ
△1 ブランノワール
△2 サムシングジャスト

 

買い方

 

3連複

◎-〇▲☆-〇▲☆(本線)
◎-〇▲☆-△(抑え)

3連単

〇▲→◎⇔〇▲☆

 

スポンサーリンク