【ダービー観戦記2019】ポンコツと首差負け…

スポンサーリンク

 

こんばんは!

今年も昨年に引き続き、ダービー現地観戦に行って来ました!

様々なレースの観戦に行ってますが、やっぱりダービーは特別ですね。

場所取りの為に多少早めに行ったのですが、並んでる人の数が半端じゃないですし、熱気が凄い(^^;;

天皇賞やJCも相当人が集まりますが、その比ではない長蛇の列…

 

昨年は東京競馬場での開門ダッシュは初めてで、開門ダッシュも皐月賞以来2回目だったこともあり、シートを敷いて場所を確保したら、あとはただJRA職員の指示に従って開門を待つだけなのにずっとソワソワ。

どうせ開門を待っていてJRAの職員の指示に従って走るだけなので、ダービーの予想をするなり寝るなりすればよかったのですが、どちらも満足にできず、結局一生懸命走りましたが1番取りたかった場所を確保することもできず、非常に悔しい思いをしたのが昨年のダービーの開門ダッシュでした。

 

しかし!

今年は違います!

なんといっても昨年ダービーの場所取りを経験して”秘策”もありましたし、最近はお酒を控えジムにも通っているのでレベルは上がり、開門ダッシュにも慣れてきたことで精神的な余裕もたっぷり。

待ち時間にしっかりダービーの予想をして、睡眠もバッチリとってコンディションも完璧!

 

そして、いざ開門!

開門ダッシュをすると毎回思うのですが、自分のペースを守って走るのは難しい。

取りたい場所まで結構距離があるので、最初から最後まで全力で行けるわけがない(斤量も重め)のですが、周りの人はほぼ全力で走りだしてしまうのでつられてオーバーペースになってしまうんですよね。

自分が走るのでもオーバーペースになるのに、乗っている馬のペースを操作している騎手は凄いと思わされます。

それでも、目標としていた理想のポジションがガラガラな状態で到着!

あとはここにシートを「ドーーン」と張れば非常に満足ということで、ドヤ顔で抱えていたシートを広げたのですが、、、

 

 

 

 

「ちょこん」

 

 

えーーーー

「ドーーン」どころか小さすぎるシートのサイズ。

思っていたサイズの1/4以下。

 

シートはamazonで事前に購入しておいたのですが、一度広げてしまうとキレイにたたむことが大変ということで大きさを確認しなかったことが完全に仇になりました。

重かったのですが、分厚いだけでした(^^;

まあ、なんとかパニックになりながらもその場で固まらずに動き出すことができたので事無きを得ることができましたが場所取りでここまで焦ったのは初めてです。

 

場所取りを終えたので、あとはダービーを待つだけだったのですが、とにかく暑かった(^^;

昨年の教訓を生かして、しっかり水分をとり日焼け止めクリームでガチガチにコーティングしていたおかげで体に異常は起こりませんでしたし、ご一緒したみなさまと暑い暑い言いながら楽しく過ごせましたが今年は暑すぎました。

 

それでも、スタンドで観戦していたおかげでいい写真を撮っていただきました。(私は諦めました)

 

 

サートゥルナーリアが出遅れて、波乱のスタートになったダービーでしたが、リオンリオンが離し逃げをうち2番手のロジャーバローズにとって理想的な展開に。

本命の◎ダノンキングリーもいつの間にか最内をしっかり確保できており、道中でかなり期待が!

すんなりダノンキングリーが抜け出してきて、外からサートゥルナーリアが伸びてきたのでこの辺では楽に差せると思っていたんですけどね。

 

 

結局、最後までつかまらず。

☆ロジャーバローズ◎ダノンキングリー△ヴェロックスという印を打っていて、馬連1000円と3連複200円持っていたので10万オーバーの払い戻しは受けられたのですが、差し切って欲しかったですね。な

なんとなく戸崎騎手がダービーを勝つイメージがなかったので、頭の馬券はそれほど持っていなかったのですが差していれば3連単が100円だけあったんですが…

ちなみにそれでも8万馬券でした(>_<)

馬券が当たって欲しかったというのもありますが、ダービーはやっぱり本命を打った馬に勝って欲しかった…

 

本命馬のダービーの勝利は来年に持ち越しにしたいと思います!

リアルタイムで来年のPOGのドラフト中なので、来年こそダービーに出て欲しい!

 

そういえば、木村カエラさんの国歌斉唱すごく素敵でした!

それまでざわついていた競馬場が、一瞬にして静まりかえった時には鳥肌が立ちました。

スポンサーリンク