【ダービー卿チャレンジトロフィー2019 展望】

スポンサーリンク

ダービー卿チャレンジトロフィー 展望

 

2019年3月30日に中山競馬場、芝1600mで行われるダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)の展望です!

今年のダービー卿チャレンジトロフィーの主な出走予定馬は、ギベオン、プリモシーン、ダイワキャグニー、カツジ、ロードクエスト、マイスタイルなど。

 

過去5年のデータ

 

中山のマイルで行われるハンデ重賞ということで、波乱傾向。

レースレベルもモーリスのような馬が出てくることもあれば、2017のような低レベルのレースになることもありこれといった特徴がつかみにくいレース。

今年も昨年と同様にマルターズアポジーが逃げる展開になりそうだし、先週までの馬場状態を考えると良馬場なら1分32秒台での決着になりそうで、スタミナとスピードが両方求められるレースになりそう。

 

出走馬一言考察

 

ギベオン

前走はハイレベルの金鯱賞で、いままでとは異なる先行の競馬で6着。

中日新聞杯はマイスタイルが暴走して、差し競馬になったことが大きな勝因で、2着がショウナンバッハだったことやタイムを考えるとレベルは低かった。

2000mよりは1600mの方が良さそうだが、早めに動き出す蛯名騎手とは合わなそう。

 

プリモシーン

ダービー卿チャレンジトロフィーと同じ舞台のフェアリーステークスを制しているが、このレースは低レベルになりやすく出世馬が出ないレースで、負かした相手も自己条件を勝ちあがれていない。

古馬相手に勝利した関谷記念や秋華賞の競馬を見る限り、瞬発力はないが長くいい脚を使えるタイプで、直線が長いコース向きだろう。

マルターズアポジーがある程度引っ張ってくれそうなので、外枠を引いてスムーズに加速出来れば。

 

ダイワキャグニー

だんだんキャラクターがわかりにくくなっている馬。

横山騎手が乗るとよくわからない馬になってしまうことが、多い気がする…

先行して長くいい脚を使うイメージのある馬だったが、ここ2走は上がり最速をマーク。

前走の東風ステークスは、カツジが早く動いたことで、ロングスパート戦になったのがこの馬には良かった。

久しぶりの右回りだったが、コーナリングに不安があるように映ったし、外枠でなければまともな競馬は出来なかっただろう。

 

カツジ

NZTでいいレースをしており、NHKマイルカップでも本命を打っていたのだが、痛恨の出遅れ。

京都金杯でも大きく出遅れて負けてしまったが、敗因は出遅れたことというよりも出していこうとスタート後に脚を使ってしまったことだろう。

マイルチャンピオンシップは、道中ゆったり運んだことで強敵相手に4着まで追い込んで来たし、末脚を生かす競馬ができれば能力は上位。

前走は早仕掛けでロングスパート戦になってしまったことが敗因だし、マルターズアポジーがハイペースの流れをつくり縦長になれば。

 

ロードクエスト

NHKマイルカップや京成杯AHで好走歴はあるものの、最近はマイル路線よりも1400m戦の方が合っているし、延長よりも短縮ローテーションの方が成績が良い。

以前ほど、不器用さはなくなったが安定感は相変わらず。

 

マイスタイル

小倉大賞典は後ろからの競馬になってしまい、持ち味を全く生かせず、中京新聞杯は暴走して自爆してしまった。

今回は最大のネックだった騎手も横山騎手に乗り替わるが、マイル戦で1分32秒台の決着になるとスピードについて行けないかも。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

今回が重賞初挑戦となるが、この馬の好走はありそう。

なぜか、1400mばかり使われてきたが1600mの成績は(4.1.0.2)で2回の着外はどちらも4着。

前走は、時計も悪くないものだったし4コーナー大外からグイグイ伸びて最後まで後続に差をつけてゴール。

今回も似たような競馬になりそうだし、鞍上は不安だが注目してみたい。

スポンサーリンク