【ダービー卿チャレンジトロフィー2019 予想】

スポンサーリンク

 

2019年3月30日に中山競馬場、芝1600mで行われるダービー卿チャレンジトロフィーの予想です!

今年のダービー卿チャレンジトロフィーの主な出走予定馬は、ギベオン、プリモシーン、ダイワキャグニー、カツジ、ロードクエスト、マイスタイルなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→ダービー卿チャレンジトロフィー 展望

 

ダービー卿チャレンジトロフィー 予想

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

かなり難解なレースで買いたい馬がたくさんいるが、嵌まった時のポテンシャルが素晴らしいこの馬が本命。

この馬の好走パターンははっきりしていて、とにかく道中で動かないこと。

凡走しているレースは、スタートで出遅れてポジションを取るために出していったり、早めに動いてしまったレースだけ。

ニュージーランドトロフィーでは後のGⅠ馬ケイアイノーテックを外を回して差し切ったし、右回りの中山コースは得意のはず。

マイルチャンピオンシップの内容を考えれば、能力を発揮できれば突き抜けるシーンもありそう。

 

 

 

対抗〇ドーヴァー

週中の段階ではこの馬から買おうと思っていたが、この記事を書いている時点でまさかの1番人気。

確か、ネット競馬の予想オッズでは6番人気くらいだったはず…

前走がこのレースと同舞台での競馬で、4コーナーからグイグイ伸びてきて最後まで差をつけていたのは評価できる。

不安は田辺騎手だろう。

ここ最近乗れていない印象を受けるが、そもそも田辺騎手は安定感に乏しく人気で買う騎手ではない。

いいレースをした次でこけるというのもこの騎手のパターンだし、この人気では…

 

▲ヒーズインラブ

昨年よりハンデは重いが、このレースでの好走歴があるというのは素直に評価したい。

マイルチャンピオンシップはコース取りが良かったとはいえステルヴィオから0.4差。

前走の京都金杯は、道中折り合いを欠いており力を出し切れていなかった。

今回はマルターズアポジーが引っ張ってくれることで、ペースも流れそうなので昨年の再現があっても。

 

☆フィアーノロマーノ

前走は降級してきた準オープンで57kgを背負いながら、ハイペースを押し切るという強い内容。

2走前の負けは位置取りの差で負けただけで休み明けがダメなわけではない。

今回は54kgで出走できるし、この枠で川田騎手ならロスのない競馬ができそう。

前走、準オープン勝ちで休み明けの割に人気すぎる気もするが。

 

△1 プリモシーン

古馬相手に勝利した関谷記念や秋華賞の競馬を見る限り、瞬発力はないが長くいい脚を使えるタイプで、この枠からならこの馬の能力を発揮できそう。

縦長になり少しでもコースロスの少ない競馬ができれば。

 

△2 ギベオン

前走の金鯱賞では先行策を取ったが、中京の2000m戦で強敵相手では苦しかった。

距離短縮はいいほうに働くはずで、相手も相当弱くなった。

差し馬の割に器用なイメージがあるが、蛯名騎手はどうしても外から早く動く競馬をしたがるのでこの馬には合わなそう。

包まれて外に出られない状況になり追い出しが遅れればこの馬の良さが生きるかも。

 

△3 ダイアトニック

3走前と2走前が非常に優秀。

まだまだ、未知数な部分が多いので評価が難しいが1600mはスローでの競馬しか経験がなく今回の距離延長はやはり不安はが大きい。

この枠からではダラダラと外を走らされる展開になりそう。

 

△4 キャプテンペリー

前走のニューイヤーステークスではドーヴァーに完全に負けてしまったし、展開にも助けられた感じもあるがこの条件なら激走の可能性はありそう。

 

△5 マイスタイル

展開的には厳しくなりそうだが、田中勝治騎手から横山騎手に乗り替わり人気がないのなら1枚は抑えておきたい。

 

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ドーヴァー
▲ヒーズインラブ
☆フィアーノロマーノ
△1 プリモシーン
△2 ギベオン
△3 ダイアトニック
△4 キャプテンペリー
△5 マイスタイル

 

買い方

 

単勝 ◎

馬連 ◎-〇▲☆△12

3連複 ◎-〇▲☆-印

 

スポンサーリンク