【ダート界にもスター誕生!】チャンピオンズカップデー観戦記

スポンサーリンク

こんばんは!

ルヴァンスレーヴ強かったですね!!

ちなみに予想でこんな風に書いていました。

 

〇ルヴァンスレーヴ

化け物級の力を秘めている可能性があるこの馬の評価はこれ以上落とせない。

中京はダートでも内のほうがいいので、ジャパンカップのアーモンドアイのようなポジション取りができたらあっさりだろう。

 

予想通り!!(笑)

まさにアーモンドアイを彷彿とさせるようなこれ以上ない完璧なレース運びで優勝。

末脚がある馬がスムーズにあのポジションにいるのはもはや反則レベルですよ(^^;

理想的な競馬をここぞという場面でできるのがやっぱり外国人騎手ですよね。

なかなかスターの現れなかったダート界ですが、今回前からの競馬ができたことで、この馬の今後はかなり楽しみですね(^^)/

 

 

そして、レースぶりに驚かされたもう一頭は☆ウェスタールンド。

え?どこから来たの?ワープ?

というのがレース直後の感想でしたが、4コーナーでまさにワープしたように一気にポジションを上げて直線では完全に前を射程圏内に。

中京のダートとはこういうもんだと改めて思い知らされました。

嵌まったのも事実ですが、そもそも能力はある馬なので次走も軽視しない方が良さそうだし、人気がない時は黙って買ったほうがいい馬ですね(^^)/

 

そんなほとんどが予想通りだったチャンピオンズカップですが、肝心の馬券は、予想の段階で一番ケチがつけずらかったので本命にした◎ケイティブレイブはなんだかなあという競馬で惨敗し的中ならず…

“とにかく抑えて優等生に育てる”のが好きな福永騎手の教育が行き届いてしまったのか、この馬の良さが消えてしまった感じにも見えたレースでした。

こうなってしまうと試行錯誤を繰り返すうちに、ピークを過ぎるパターンもあるので早く本来の走りが見たいところですが(^^;

 

 

チャンピオンズカップデーは中山競馬場の指定席で見ていて、阪神9Rの万両賞からチャンピオンズカップまで5連勝!

 

これ以外は写真撮影を忘れました(>_<)

 

最も自信があって勝負していたチャンピオンズカップまでにプラスを確定させて、気分良くチャンピオンズカップを迎えたのですが、上位評価4頭で決まるパターンを厚く買うとまで書いておいて、〇→☆→▲で痛恨の不的中…

加えて、チャンピオンズカップの後に行われた逆瀬川ステークスは全く買う気がなかったのですが、遊びで買っていたWIN5がなんとリーチ\(◎o◎)/!

買い目はカリビアンゴールド一頭だけでしたが、武豊騎手のクリノヤマトノオーがかなり人気をかぶっており、飛べば配当も期待できる!

逃げさえすればあるぞと思っており、4コーナーまではもらったと思っていたのですが、伏兵の2頭に差されて無念の3着…

 

今週はしっかりとプラスで終われましたし、POG馬シークレットランがレコード勝ちといいことも多かったのですが、最後の2Rで負ったダメージが大きすぎました(>_<)

 

 

今週は香港競馬と阪神JFと大きなレースが多数あるので、今週の悔しさを思いっきり晴らしたい!

 

チャンピオンズカップは週中には◎ルヴァンスレーヴでいいと書いておきながら、変更して大失敗してしまいましたが、阪神JFの現時点の本命候補はこちら↓

GⅠとは言え2歳戦なので、能力云々以外の部分で人気を形成される部分が大きく、この馬は能力ほど人気にならないはず。

平場では信用できるのに重賞になった途端成績を落とすイメージの騎手ではありますが、ここでGⅠ初制覇が合ってもいいと思います!

 

スポンサーリンク