【ダイヤモンドステークス2019 展望】

スポンサーリンク

 

こんばんは!

アンジュデジールがフェブラリーステークス回避(>_<)

ただでさえ、フルゲート割れが確定しているような状況だったのにこの馬も回避とは。。。

この馬は完全に軽視の予定だったので、出てこないということでまた馬券が(^^;

 

 

ダイヤモンドステークス 展望

 

2019年2月16日に東京競馬場、芝3400mで行われれるダイヤモンドステークスの展望です!

今年のダイヤモンドステークスの主な出走馬は、ユーキャンスマイル、グローブシアター、ウインテンダネス、ソールインパクト、カフェブリッツ、ルミナスウォーリアーなど。

 

過去5年のデータ

 

 

東京競馬場で行われる3400mの長距離戦。

暮れの中山で行われるステイヤーズステークスと距離こそ似ているが、中山3600mで行われるステイヤーズステークスは完全にスタミナ勝負になるが、ダイヤモンドステークスは東京競馬場で行われるので、最後に決め手が要求されるレースになりがち。

重馬場にでもならない限り、ある程度上がりを使える馬を狙う方がいいだろう。

 

出走馬一言考察

 

ユーキャンスマイル

菊花賞で3着に好走しているが、この年の菊花賞は全くスタミナが問われないレースで展開にも助けられた部分が多かった。

万葉ステークスは見た目逃げ切りを許してしまっただけという内容だが、現時点では過大評価されているし長距離が合っているとは思えない。

とはいえ、今回も前走同様相手が弱すぎるので好走してくるだろう。

 

グローブシアター

前走の万葉ステークスはスタートから出していったが、ハナを奪えず離れた2番手。

アドマイヤエイカンとカフェブリッツに早めに動かれたことであっという間に先に作ったリードがなくなってしまった。

それでも最後伸び返しての3着は評価していいだろう。

展開次第では、逆転があってもいい。

 

ウインテンダネス

乗り難しい馬ということもあり、近走は全く力を出しきれていない。

今回は、逃げたい馬が多くある程度ペースが流れてくれそうで力を発揮しやすい展開になりそう。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

 

前走はスローでのキレ負け。

実績的には格下だが、3走前の古都ステークスでは57kgで今回出ているグローブシアターと0.2差で今回は4kg差。

上がりのかかる競馬ならしっかり末脚を使えるし、このレースへの適性はありそう。

 

スポンサーリンク