【セントライト記念2019 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

セントライト記念 展望

 

2019年9月16日に中山競馬場、芝2200mで行われる菊花賞トライアルのセントライト記念の展望です!

今年のセントライト記念の主な出走予定馬は、リオンリオン、ルヴォルグ、ニシノデイジー、ランフォザローゼス、ザダル、サトノルークスなど。

 

過去5年のデータ

菊花賞トライアルのセントライト記念。

近年こそ堅い決着が多いですが、波乱が起こりやすいレースの代表的なレースの一つ。

それは中山2200mという特殊なコースで行われるために、ダービーとは問われる適性が異なるから。

今年もそうでしたがダービーはとにかく立ち回り競馬や瞬発力が要求されるレース。それに対してセントライト記念記念は中距離戦では唯一の外回りコースで行われることで長くいい脚を使える馬が活躍できるレース。

過去の好走馬を見てみると、ダービーから好走している馬が多いですがいかにもダービーに合わないタイプの馬が多い。

皐月賞で好走→ダービー惨敗くらいの方が狙いとしてはいいでしょう。

 

 

出走馬一言考察

 

リオンリオン

中京2200mで行われる大寒桜賞と東京2400mの青葉賞を逃げ切り勝ち。

主要路線ではなく、相手が強かったとは言えないが逃げ切るのが難しいコースでの逃げきりは評価できる。

ダービーは強き気に乗った結果でのもので、悲観する内容ではないでしょう。

中山競馬2200mという条件は合っていそうですし、馬場も前残りではあるのですが、この馬に限った話ではなく逃げ馬の1番人気は正直買いたくはない。

 

ルヴォルグ

うまく表現できないのですが、こういうタイプはあまり好きではなく、感覚だけで予想するならすぐにでも切りたいタイプ。

前走は出遅れながら完勝しましたが、相手は強くなかったですし斤量の恩恵もありました。

戦績を見ると高速馬場には強くなさそうですし、ゲート難も気になるところ。

ルメール騎手でロングスパート戦になりやすいので乗り方次第でどうにかできてしまいそうではあるが、嫌ったほうが…

 

ニシノデイジー

弥生賞と皐月賞は鞍上の騎乗ミスでのもの。

ダービーの5着はまともな競馬をすればこのくらいの競馬ができるという見方もできますが、いいコースを通ることができないと好走できないレースだったので恵まれたとみることも。

切れる脚がないので、上手に脚を使わないと厳しそうでそれを期待するのは…

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓

シークレットラン

多少、情が入っている部分もあるのですが、ここは願ってもない条件。

2歳中山2000mのレコードホルダーであり、時計の出る中山競馬でロングスパート戦は最も得意な条件。

鞍上が不安ではありますが、ロングスパートでガシガシ追う競馬は得意なので外枠を引ければ。

スポンサーリンク