【シルクロードステークス2019 展望】例年とは異なる馬場状態

スポンサーリンク

 

こんばんは!

TCK女王盃やってしまいました(>_<)

前日の大井競馬をすべてみたところ、圧倒的に内が有利だったので枠順だけで△マルカンセンサーを相手にいれていたのですが、まさかの2着に激走。

3連単で2着にも入れた組み合わせもあったのですが、軸のアイアンテーラーが好走できず馬券は取れず…

3連単99万円。

当てれば、「帯封ぎりぎり届かなかったーーー!」とネタにもなったのに(^^;

 

シルクロードステークス 展望

 

2019年1月27日に京都競馬場、芝1200mで行われるシルクロードステークス(GⅢ)のレース展望です!

今年のシルクロードステークスの主な出走予定馬は、ダノンスマッシュ、ラブカンプー、アンヴァル、ダイメイプリンセス、アレスバローズ、セイウンコウセイ、ナインテイルズなど。

 

過去5年のデータ

京都1200mといえば、圧倒的に内枠が有利な条件。ビッグアーサーが大外枠から着外に敗れた過去もある。

今年は、開幕週からかなり時計がかかっており、1200mでもポツンからの大外ぶん回しのような競馬も決まっている。

今週からコース替わりになるので傾向が変わる可能性もあるが、内でロスなく運んでしっかり最後まで走れそうな馬を狙いたい。

 

出走馬一言考察

 

登録頭数が多く枠順ありきなレースので、人気になりそうなところを少しだけ。

 

ダノンスマッシュ

2着馬、4着馬も後にGⅠを勝ったレベルの非常に高かった朝日杯で出遅れて5着。

その後、ちぐはぐな競馬が続いたがクラシックが終わり1200mに路線を変え、あっさり函館日刊スポーツ杯を制覇。

1200mで底を見せておらず、着順もいいので人気になりそうだが、キーンランドカップ、京阪杯と連続してロスが少なく展開が向いた競馬だった。

スピードだけで勝負する短距離ではないので、今の馬場は悪くないだろうがロスの多い競馬になると意外と脆いかも。

 

ラブカンプー

3歳春の時点では、そこまで強いとは思っておらず逃げればしぶといくらいのイメージだったが、影の出世レースアイビスサマーダッシュで2着。

勝ち切れないレースが続いているが、スピードだけで押し切るタイプではなく時計のかかるレースでも好走できている。

ノーザンファームではないので、休み明けというのは気になるところだが、安定感もあるし、デムーロ騎乗なのでそれなりの評価は必要だろう。

 

アンヴァル

早い流れの競馬が得意なタイプ。

内から来た馬ばかりが好走した京阪杯で大外枠から好走しているというのは、評価しないといけないだろう。

内枠を引いて上手く流れに乗れれば。

 

ダイメイプリンセス

スプリンターズステークス4着と前走着順はいいが、ロスのない競馬で展開に恵まれた印象。

長くいい脚を使えるレースが最も向いている条件と言えそうで、今回の条件が合っているイメージはない。

 

ナインテイルズ

前走、前々走と展開やコース取りがドンピシャでハマった感じ。

内枠を引けば抑えておくくらいでいいだろう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

もう少し早く出世すると思っていたのだが、調子を崩してしまった。

休み明けの前走は逃げ馬にうまいペースで逃げられてしまったが最後までしっかり伸びており、時計のかかる競馬にも対応できそう。

器用さもある馬なので、内枠を引いて叩き2走目の上積みがあれば。

スポンサーリンク