【クイーンステークス2019 展望!】昨年は大外一気が決まったが、今年は?

スポンサーリンク

 

クイーンステークス 展望

 

2019年7月28日に札幌競馬場、芝1800mで行われるクイーンステークスの展望です!

今年のクイーンステークスの主な出走予定馬は、ミッキーチャーム、サトノガーネット、ウラヌスチャーム、フロンテアクイーン、スカーレットカラー、メイショウショウブなど。

 

過去5年のデータ

札幌競馬の開幕を告げるクイーンステークス。

昨年こそディアドラが大外から一気の追い込みを決めて優勝したが、札幌の開幕週に行われるので基本的には内枠、先行で上手に立ち回った馬が有利なレース。

シンプルに内枠の穴馬から狙った方がいいだろう。

 

出走馬一言考察

 

ミッキーチャーム

前走はハイペースで目標にされる苦しい展開で7着。

昨年の札幌競馬でいい内容の競馬が出来ているし、マイル戦は忙しい印象があったので距離延長はプラスのはず。

滞在競馬で落ちついて競馬が出来れば。

 

サトノガーネット

2勝クラス、3勝クラスを好内容で連勝。

ただ、今までの戦績すべてを振り返ってみると不器用なために取り逃した印象があるレースも多い。

連勝中で勢いはあるが重賞で足りるのかという疑問もあるし、ルメール騎手鞍上で過剰に人気となれば疑いたいところではあるが…

 

ウラヌスチャーム

愛知杯は積極的にポジションを取りに行く競馬が合っておらず、中山牝馬ステークスは展開こそ向いたもののロスが大きく2着。

能力は重賞でも通用するものがあるが、不器用なので開幕週の札幌競馬は合わなそう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

 

人気が濃厚なミッキーチャームは川田騎手なら積極的にポジションを取ってきそうだし、フルゲートで競馬が行われそうなので、例年よりはペースは流れそう。

函館記念のように枠順が出てみたらかなり人気になっていたということもありそうだが、前走は全く力を出せていないので大幅な条件替わりと積極策で良さが生きるかも。

 

スポンサーリンク