【キーンランドカップ2019 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

 

おはようございます!

二日続けて朝の投稿です!

しっかり準備できてさえいれば、このような時間にできるのでなるべく早い時間に更新したいものです!

話は変わりますが、、、

ワイドショーでやっている煽り運転の映像しつこくないですか?

社会問題になっていますし、インパクトのある映像なので各局朝からずっと流しているのだと思うのですが、殴っている映像を朝からみると気分が悪くなるんですよね(^^;

ああいう人からどうやって自分を守ればいいかはきちんと考えておく必要があると思うのですが、正直あの人たちがどんな人間かなんてどうでもいいのですが…

 

キーンランドカップ 展望

 

2019年8月25日に札幌競馬場、芝1200mで行われるキーンランドカップの展望です!

今年のキーンランドカップの主な出走予定馬は、ダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、リナーテ、アスターペガサス、ナックビーナス、ライオンボス、セイウンコウセイなど。

 

過去5年のデータ

 

函館スプリントステークスに続く北海道スプリントシリーズであるキーンランドカップ。

なんとなく似ているイメージのある両重賞で、函館スプリントステークス組から好走馬も出やすいのですが、問われる適性は少し異なりキーンランドカップは開催も終盤になるので、函館スプリントステークスと比べると時計のかかるレースになりやすく、スピード勝負にはなりにくい。

そのため追い込みも決まるレースだったが、昨年は完全な立ち回り競馬になりましたし、札幌記念を見る限り、今の札幌は内が有利なので今年もある程度ロスのない競馬が出来た方がいいのでは?

 

出走馬一言考察

 

ダノンスマッシュ

前走は薬物問題の影響で無念の除外になってしまったが、1200m戦に変わってからのレース内容を考えるとここでは能力が抜けていそう。

今回は北村騎手からの乗り替わりで川田騎手になりますが、これもプラスに働きそう。

ブラストワンピースと違いこちらの乗り替わりは少し残念ですが…

 

タワーオブロンドン

前走は58kgを背負って初めての1200m戦ということで今後を占う大切なレースだったのですが、薬物問題で7頭立てに。

少頭数で流れが落ち着いてしまい、後方からでは厳しい展開になってしまった。

1200mの適性はあるはずですし、札幌は得意なコース。

過剰人気になるタイプなので、出来れば嫌いたいところですが、ある程度の評価は必要でしょう。

 

リナーテ

前走は昨年の札幌競馬以来の1200m戦でしたが、終始外々を回りながら直線では力強く突き抜けての完勝。

道中早くから促していたので、1200mは忙しい印象があり、エンジンがかかるのに時間がかかるタイプではありますが、高速馬場で600mを早く走れる馬が好走できた京王杯で2着まで走れているように長くいい脚を使える。

昨年のような、立ち回り競馬になってしまうと差し損ねるイメージが強いですが、差しの決まる馬場で外枠なら。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓

カイザーメランジェ

前走はとにかくスピードが求められる特殊なレースだったので着順の悪さを気にする必要はなさそう。

この馬は短距離でも時計のかかる競馬の方が向いているはずですし、札幌では昨年勝ち星を挙げています。

騎手が地味なので人気にはならなそうですし、狙う価値はあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク