【オークス(優駿牝馬)2019 展望】

スポンサーリンク

 

こんばんは!

昨日は、ヴィクトリアマイルを見に東京競馬場に行ってきましたー!

凄く楽しい現地観戦だったのですが、残念だったのはやっぱり馬券。。。

久しぶりにバッサリ嫌った外国人騎手に勝たれてしまいました(>_<)

ノームコアは乗れていなかった田辺騎手から乗れているレーン騎手への乗り替わりということで、予想の段階から気にはしていたのですが、久しぶりのマイル戦でまさか1.30.5という時計で走れるとは全く想定できませんでした。

京王杯スプリングカップでも時計勝負では…と嫌ってしまったリナーテに好走されてしまいましたし、「高速馬場における時計勝負」というカテゴリの予想方針は変えないといけないですね。

 

オークス 展望

 

2019年5月19日に東京競馬場、芝2400mで行われる牝馬クラシック第二弾オークス(優駿牝馬)の展望です!

今年のオークスの主な出走予定馬は、コントラチェック、クロノジェネシス、ラヴズオンリーユー、ダノンファンタジー、シゲルピンクダイヤ、ウィクトーリア、ビーチサンバ、シェーングランツなど。

 

過去5年のデータ

 

牝馬クラシックの第二弾オークス。

桜花賞からいきなり800mの距離延長で、この距離初めてという馬しか今年はいない。

 

最近はジャパンカップを牝馬が勝つことが増えてきているが、それは例外の一部で、基本的に牝馬にとって2400mという距離は過酷なもので、3歳のこの時期となればなおさらキツイ。

ここ2年内枠の馬が好走しているが、能力がない馬は2400mを走り切ることさえ難しいので強い馬がたまたま内枠だったと考えたほうが良さそう。

 

シンプルに強い差し馬を買えばいいレースで、やはりレベルの高い桜花賞組が中心になりそう。

 

 

出走馬一言考察

 

コントラチェック

札幌の新馬戦はスローすぎてしまい展開負けしてしまったが、未勝利戦は少頭数ながら自分でペースを作って2着に7馬身差をつける完勝。

サフラン賞は新馬戦のように先頭をレッドアネモスに譲っての競馬だったが、またしても差し遅れの2着。

フェアリーステークスの除外があったが、菜の花賞ではタイムランクAに相当する1.33.8という時計で優勝し、フラワーカップではエールヴォアやシャドウディーヴァを押さえての逃げ切り勝ち。

スロー決め手比べでは、見劣りしてしまう部分もあるが自分の形に持ち込めればまだ底を見せていない。

フラワーカップ組は出世しないイメージがあるが、今年のフラワーカップは例年よりはメンバーが揃っていたし低レベルではなかった。

左回りと高速馬場を未経験という点と、先週までの競馬を見ている限り決め手のない馬の好走があまり見られなかったのは気になるところ。

 

クロノジェネシス

阪神JF2着、桜花賞3着ときっちりレベルの高いメンバーが揃っているレースで好走できており、阪神JFは出遅れ、桜花賞は直線で馬郡を捌くために追い出しが遅れてしまったと敗因は明白。

アイビーステークスでは32.5という上がりを使えているし、クイーンカップでもビーチサンバに完勝と東京競馬替わりはこの馬にとってはプラス。

出遅れてポジションが後ろになりすぎるようなことがなければ好走できると思うのだが、、、

 

ラヴズオンリーユー

1000m通過1.04.2というスローの新馬戦で、33.9と上がり2位の34.3より0.4も早い上がりを使っての完勝。

白菊賞では京都の時計がかかる馬場で1.33.6という好時計で勝利し、忘れな草賞も最後流す余裕があるほど。

ディープインパクト産駒の割にはスパッと切れるタイプではないが、最後まで長くいい脚を使えるので直線の長いコースは向いていそう。

忘れな草賞でかかるそぶりを見せていたのは気になるが、デムーロ騎手とのコンビは合っていそう。

 

ダノンファンタジー

桜花賞では外枠からの競馬で前に壁を作ることができずに折り合いを欠いてしまった。

展開的にもグランアレグリアに早々に抜け出されてしまい、後方では有力馬が脚を溜めているという厳しい競馬。

それでも最後はグランアレグリアとの差を詰めながら4着に残しており能力の高さは感じられた。

内枠でしっかり折り合いロスなく運べればチャンスはありそうだが、外枠だと厳しそう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走は出遅れが致命的すぎたし、マイルの時計勝負はやや忙しかった。

距離延長はいいほうに働きそうだし、穴として抑える価値はあるだろう。

 

スポンサーリンク