【オークス(優駿牝馬)2019 予想】

スポンサーリンク

2019年5月19日に東京競馬場、芝2400mで行われる牝馬クラシック第二弾オークス(優駿牝馬)の予想です!

今年のオークス(優駿牝馬)の主な出走予定馬は、コントラチェック、クロノジェネシス、ラヴズオンリーユー、ダノンファンタジー、シゲルピングダイヤ、ウィクトーリア、ビーチサンバなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→オークス 展望

 

オークス(優駿牝馬) 予想

 

牝馬にとってつらい東京の2400mという条件なので、下手に枠順や立ち回り力といったことを考えず、素直に一番強そうな馬を狙ってみたい。

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

未知数な部分も多く、距離延長がいいほうに働くとは限らないが今年のオークスはこの馬を本命にしたい。

新馬戦はスローな競馬だったが、上がり次点の馬よりも0.4早い上がりを使っての完勝。

白菊賞はタイムランクBに相当する1.33.6という時計で勝っているし、距離延長となった忘れな草賞はスタート後かかるそぶりを見せたもののきっちり上がり最速を使い着差をつけて勝っており、能力は相当高そう。

 

〇クロノジェネシス

桜花賞でも本命を打っていた馬で、オークスでも本命の予定だったのだが、この枠に入ってしまったので対抗評価。

阪神JF、桜花賞共にもう少しスヌーズならと思わせられる内容のレースで、アイビーステークス、クイーンカップで東京コースも経験積みでどちらも完勝。

だが、好走したレースは直線伸び伸びと走れた時だけで阪神JFと桜花賞で不利を受けたのは運もあっただろうが、そもそも不利を受けやすいタイプなのであろう。

なんだかんだバゴ産駒というのも不安ではあるし、北村友一騎手もGⅠの人気で信用できるタイプではない。

3着以内にくる確率が一番高い馬だとは思うが、今回は対抗評価。

 

▲ビーチサンバ

前走負けて、今回人気を落としているこの馬を狙ってみたい。

今回別路線からきたコントラチェックやラヴズオンリーユーが人気になっているが、王道路線をきっちり使っていたときは3番手の位置づけだった。

クイーンカップでクロノジェネシスに負けてしまったものの、上がりはこちらのほうがいい脚を使えていたし、東京コースで距離延長なら十分逆転も可能なのではないだろうか。

勝ち味に遅いタイプなので3番手評価にしたが、穴から入るならこの馬だろう。

 

☆エールヴォア

前走の桜花賞は出遅れがあまりに痛恨だった。

道中ロスなく運んだとはいえ上がり32.9は立派なものだったし、ヴィクトワールピサ産駒だけに東京替わりの距離延長はいいほうに働きそう。

スタートが不安だがポジションをしっかりとって競馬ができれば。

 

△1 ダノンファンタジー

前走の桜花賞は外枠からのスタートで前に壁を作ることができず、折り合いを欠いた。

レース展開もグランアレグリアに先に動かれてしまい追いかけざるを得ない形になり、最後苦しくなったところを差されてしまった形。

阪神JF、チューリップ賞と王道路線でしっかり結果を残してきたのは評価しなければいけないだろうが、距離延長は大きなマイナスになりそう。

 

△2 フェアリーポルカ

若駒ステークスではヴェロックスの2着だったとはいえ、展開に恵まれたものでフロックだと思っていたが、前走のフローラステークスは不利な大外枠からの競馬で見せ場を作っての5着。

今回も外枠を引いてしまったが、前走よりは枠順の影響を受けにくいレースなのでスムーズに運べれば。

 

△3 アクアミラビリス

前走1600mでも折り合いを欠いてしまう部分があり力を出し切れなかったが、新馬戦やエルフィンステークスの内容を考えれば力さえ出し切れれば相当強い馬のはず。

東京の新馬戦でのパフォーマンスはインパクトがあったし、今回はポジションを取りにいくようなことはせずじっと後方で足を溜める競馬をするはず。

 

 

△4 コントラチェック

負けた新馬戦、サフラン賞はこの馬の力を出せるような展開にならず度外視でもいい内容。

フェアリーステークスを除外されて臨んだ菜の花賞は相手にこそ恵まれたが、1.33.8という好時計で3馬身差の逃げ切り。

フラワーカップもあっさりハナを奪うとそのまま影も踏ませぬ逃走劇であっさり逃げきりと2戦続けて好内容での勝利で、鞍上はいま乗りに乗っているレーン騎手。

とここまで書くと買い材料ばかりのようだが、このレースに関しては危なそう。

そもそも自分の形にならないと脆いタイプだし、今の東京はやはり最後に決め手がないと厳しい。

フラワーカップからのローテーションというのも、異例。

嫌って妙味だろう。

 

△5 シゲルピンクダイヤ

新馬戦でハチャメチャな競馬をして3着に好走。

チューリップ賞でもダノンファンタジーより早い上がりを使っての2着で、桜花賞でも大外枠からうまく馬郡を捌いての2着。

地味なタイプで走っても走っても人気にならないタイプなので馬券には優しい馬なのだが、ダイワメジャー産駒で2400mへの距離延長は厳しそう。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇クロノジェネシス
▲ビーチサンバ
☆エールヴォア
△1 ダノンファンタジー
△2 フェアリーポルカ
△3 アクアミラビリス
△4 コントラチェック
△5 シゲルピンクダイヤ

 

買い方

 

馬連

◎-〇▲☆

ワイド

◎-▲☆
〇-▲☆(抑え)

3連複

◎-〇▲☆-印

ボーナス

3連単

◎→〇▲☆→〇▲☆

スポンサーリンク