【エルムステークス 予想】傾向はあくまで傾向!差し届く!

スポンサーリンク

 

こんばんは!

土曜日は阿蘇ステークス1本勝負しました!

本命にしていた◎エイシンセラードが+20kgだったので、人気馬を嫌った縦目も広く買っていたのですが、2着のグアンが抜けて痛恨のハズレ…

勝ったアードラーは4番手評価していましたし、予想の段階でも

『初めての中距離ということで距離の不安はありますが、小回りの1700mならこなせそうですしシニスターミニスター産駒だけに大敗からの激走というパターンもありそう。』

と書いていたのでこの馬を本命にすべきでしたね(^^;

小倉記念でタニノフランケルを本命に推したときに、「ピンかパーの馬を思い切って本命にする」と自分で書いておきながらそれができませんでした(>_<)

まだまだ夏競馬は続くので、どこかでピンかパータイプを狙ってホームランを打ちたいところです!

 

2019年8月11日に札幌競馬場、ダート1700mで行われるエルムステークスの予想です!

今年のエルムステークスの主な出走予定馬は、グリム、モズアトラクション、リアンヴェリテ、サトノティターン、ドリームキラリ、タイムフライヤーなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→エルムステークス 展望

 

エルムステークス 予想

 

唯一1700mのダート戦で行われるエルムステークス。

このレースはとにかくポジション取りが大切になってくるレースで、4コーナーで前にいないと勝負にならないレース。

例年であれば、前に行ける馬を狙い撃ちすればいいレースなのだが、今年は逃げたい馬が揃いすぎた。

マルターズアポジー、ドリームキラリ、リアンヴェリテは逃げないと良さが出ない馬ですし、ハイランドピークもできれば行きたいはずで、すんなり前残りにはならないのではないでしょうか?

 

本命◎はモズアトラクション

レース傾向を考えると無謀ともいえる本命ですが、今年はこの馬を狙います。

前走は逃げる馬を捉えられず2着に負けてしまいましたが、今回はこちらに展開利がありそう。

札幌で競馬の経験はありませんが、函館の競馬を考えればこのコースでもしっかり差し込んできてくれるでしょう。

 

〇サトノティターン

前走の平安ステークスは見せ場なく負けてしまいましたが、器用なタイプでなくムラ馬なので大敗があるのは多少目を瞑りたいところ。

使われてくると良くないタイプで休み明けは(3.1.01)と非常に得意にしていますし、隊列が縦長になれば外を回ってもロスのない競馬ができそう。

 

▲ドリームキラリ

本命を差し馬にしたのでこの馬を3番手評価にするのは矛盾がある気がしますが、一番前に行ける可能性があるこの馬にはこのくらいの印を回しておきたい。

行き切ることができればかなりしぶといタイプですし、札幌競馬は得意な舞台。

行き切れれば。

 

☆グリム

外枠を引くことができたので行きたい馬を前に行かせて先団外目の理想的なポジションを確保できそう。

距離短縮もいいほうに働きそうですし、スムーズに競馬ができれば好走できるだろう。

 

△ハイランドピーク

昨年の勝ち馬で本来行ってなんぼの馬であったが、近走はハナを奪うことができず成績が低迷してしまった。

ですが、総武ステークスでは捲って見せ場を作ったり、前走も6着ながら前を交わせなかっただけでしっかり最後まで走り切れていた。

外枠から無理せずにポジションをとり、前が垂れてくる展開になれば面白い存在。

 

△タイムフライヤー

2歳時から末脚が切れるタイプではなく、スタミナを生かす競馬が得意だった。

今回は初ダートの競馬になるが、血統的にはダートをこなしていい血統ですしスタミナ勝負になれば。

 

△レッドアトゥ

重賞初挑戦で実績的には格下の感じがあるが、毎回末脚はしっかり使えており展開の助けがあれば食い込みがあっても。

 

△リアンヴェリテ

前走は快勝だったがスタートが早い馬ではないのでこの枠からこのメンバー相手ではハナを奪うのは相当厳しそう。

前走も着差以上に内容は悪くなかったので弱い馬だとは思えないが、前走と比較してしまうとこのくらいの評価が妥当。

 

△サングラス

追い込み決着を想定しているので、全く人気はありませんがこの馬も一応押さえておきます。

 

 

予想印

 

◎モズアトラクション
〇サトノティターン
▲ドリームキラリ
☆グリム
△1 ハイランドピーク
△2 タイムフライヤー
△3 レッドアトゥ
△4 リアンヴェリテ
△5 サングラス

 

買い方

 

馬連、馬単

◎-〇▲☆△1△2△3

3連複

◎-〇▲☆-印

スポンサーリンク