【エプソムカップ2019 予想!】隙間重賞でも楽しみなメンバー!

スポンサーリンク

 

こんばんは!

2日間ブログを休んでしまいました(>_<)

書きかけの記事はあったのですが、少し体調が悪かったので無理をせず休ませていただきました。

いろいろと書きたい記事が溜まっているので少しでも消化できればいいのですが(^^;

 

2019年6月9日に東京競馬場、芝1800mで行われるエプソムカップの予想です!

今年のエプソムカップの主な出走予定馬は、ミッキースワロー、プロディガルサン、ダノンキングダム、レイエンダ、ソーグリッタリング、ブレスジャーニーなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→エプソムカップ 展望

 

エプソムカップ 予想

 

連続GⅠも終わり、来週からは函館競馬も始まり夏競馬が本格的にスタートすることもありなんとなく隙間重賞的なイメージのあるエプソムカップ。

ジャスタウェイやルージュバック、エイシンヒカリなど能力の高い馬がでてくることもあり、今年もここからどんな活躍馬が出てきてくれるのか楽しみです!

金曜日にかなりの雨が降ったので、もう少し外差し馬場になるかと思っていたのですが土曜の競馬を見る限り、時計は出ていますし外差しが有利という状態ではなさそう。

乾いていく過程でコロコロ馬場状態が変わるので、明日急に馬場がガラッと変わる可能性はあるがフラット~やや内枠有利くらいで予想してみました。

 

本命は◎ソーグリッタリング

ここまで人気になるとは思っていませんでしたが、ここは一番買いやすい馬であるこの馬を信用したい。

前走は内が有利な京都の競馬で外を回って楽々前を捕まえるいい内容の競馬ができていましたし、4番枠ではありますが、内の3頭がスタートがいい馬ではないので、浜中騎手ならある程度ポジションを取って競馬をしてくれそう。

ステイゴールド産駒は時計勝負に強い面もありますし、決め手もあるので今の東京の馬場なら好走できそう。

 

対抗○は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走は直線で全く伸びずほとんど見せ場のない競馬のようだったが、元々適性から外れた距離を使われた上に、スタートで後手を踏んでからかなり強引にポジションを取りに行ってしまったのが最後に伸びなかった原因だろう。

前走と変わりこの騎手なら強引にポジションを取りに行くような競馬もしないだろうし、距離延長もいいほうに働きそう。

 

▲プロディガルサン

勝ちきれないタイプで、人気を被るタイプなだけに重い印を打ちたいタイプではないのですが、前走は展開が向かない中追い込んできましたし、レーン騎手が乗ってくれるというのも大きな魅力。

 

☆ミッキースワロー

能力だけなら今回のメンバーでは一枚抜けていると思うのですが、この馬はとにかく不器用で信用しにくい。

今回も評価に悩んだ馬ではありますが、思っていたより人気もないですしスタートさえ決めれば突き抜けることもありそうなのでこの評価。

 

△1 ダノンキングダム

実績的には格下だし、大外枠を引いてしまったのでこのくらいの評価。

すんなりハナを奪えるような展開になれば。

 

△2 カラビナ

もう少し、時計のかかる馬場ならもっと評価を上げたい馬だったのだが今の馬場で1800m戦では距離不足のイメージ。

前走今回と同じ条件で好走できているので、このくらいの評価はしておきたい。

 

△3 サラキア

ここ2走は全く展開に恵まれなかった。

能力はいいものを持っているはずなので、嵌まれば。

 

△4 ブレスジャーニー

前走は馬券何に絡めなかったものの、上がり最速は使えており完全に終わった馬と判断するのは早計だろう。

もし、馬場が乾いていく過程で外差し馬場にでもなってくれれば。

 

△5 レイエンダ

セントライト記念から大きく3連敗してしまっているが、東京新聞杯は位置取りが悪すぎだったし、メイステークスは瞬発力勝負になりすぎてしまった。

今回は久しぶりにルメール騎手に戻りますし、セントライト記念までのレースぶりを考えれば能力はありそう。

ポテンシャルはあるが、瞬発力勝負に強いイメージもないし、過剰に人気になるタイプなので飛ぶことに期待してこの評価。

 

 

予想印

 

◎ソーグリッタリング
[最強]競馬ブログランキングへ
▲プロディガルサン
☆ミッキースワロー
△1 ダノンキングダム
△2 カラビナ
△3 サラキア
△4 ブレスジャーニー
△5 レイエンダ

 

買い方

 

ワイド

◎-〇

馬連

◎-〇▲☆

3連複

◎-〇-印
◎-▲☆-▲☆△1△2△3

スポンサーリンク