【アーリントンカップ2019 展望】

スポンサーリンク

 

こんばんは!

皐月賞でエメラルファイトが取り消しになってしまいましたね(>_<)

昨日の記事で狙ってると書いた穴馬だったんですが…

もちろんエメラルファイトにも走って欲しかったですが、これでダディーズマインドの出走が決まりました。

、、、

、、、、、

シークレットラン登録しとけよ!

登録しておけば出られたかもしれないのに(>_<)

 

明日は、大井で東京スプリントが行われるので朝に東京スプリントの予想を上げます!

見行きたいけど、天気がなあ(^^;

 

アーリントンカップ 展望

 

2019年4月13日に阪神競馬場、芝1600mで行われるアーリントンカップの展望です。

今年のアーリントンカップの主な出走予定馬は、フォッサマグナ、ヴァンドギャルド、ヴァルディゼール、ミッキーブリランテ、カテドラル、ユニコーンライオンなど。

 

 

過去5年のデータ

 

 

2018年より開幕週から最終週に開催時期が変更され、本格的にNHKマイルカップの前哨戦に。

阪神1600m戦で、最終週に行われるということで、立ち回り戦にはならず強い馬が好走できるレースになり、関西の有利馬がこぞって出走して来るように。

ただ、先週の桜花賞で1.32.7が計測されたように、最終週でも時計は早くなりそう。

それに、今年は牡馬のレベルがかなり低く強い馬がいないので、展開だけで決まってしまうようなレースになってしまうかも。

 

出走馬一言考察

 

フォッサマグナ

完全に前残りの流れになった中京1400mの新馬戦では、楽な手ごたえで4コーナー大外を回りながら、ポジションを上げてきて上がり2位の馬より1秒も早い33.7の上がりを使って完勝。

距離延長が不安視された前走の共同通信杯では、4着に敗れてしまったものの自己条件に戻した前走は終始外々を回りながら、直線ではあっさり先頭に立ちタニノミッションを引き離しながら最後までグイグイ伸びた。

藤沢和雄&ルメールコンビで過剰人気になってしまいそうなのが残念ではあるが、上手に折り合うことが出来れば有力。

 

ヴァルディゼール

新馬戦は相手こそ弱かったものの、12.3-11.6-11.2という加速ラップで離しての完勝。

シンザン記念も2着、3着、4着馬が外を回すロスの多い競馬をしている中、内でじっと脚を溜めて内から突き抜けた。

シンザン記念は時計が遅く、時計のかかる京都でしか競馬の経験がないが、瞬発力はありそうなので早い時計の馬場にも対応はできそう。

 

ヴァンドギャルド

前走の毎日王冠はラチ沿いを走っていた馬ばかりが好走したレースで、大外枠から最後方追走で大外ぶん回しというロスが多すぎる競馬で、レース映像を見ると脚を余し気味だった。

道中ではかかる面も見せており、距離短縮はいい方に働きそう。

ホープフルステークスは進路の塞がる不利こそあったものの、レベルの低いレースだったし、前走の毎日杯もレベルは高くなかったというのは気になるが…

 

ミッキーブリランテ

新馬戦こそ負けてしまったが、負けた相手は毎日杯で2着に好走したウーリリ。

未勝利戦は阪神の1800m戦を好時計で勝っているし、素質は十分ありそう。

シンザン記念は外枠を引いてしまったことに加え、出遅れポジションが悪くなってしまい後方でかかってしまっていた。

それでも、外を回しながら一度は先頭に立つシーンを見せるなど、見せ場は十分あった。

自己条件の500万のレースでは最内枠からじっくり脚を溜める競馬が出来てレースセンスのあるところも見せてくれた。

内枠なら頭まであっていいだろう。

 

ジャミールフエルテ

オルフェーブル産駒で今年最初の新馬戦を制したが、相手とルメール騎手の好騎乗に助けられた部分が大きそう。

萩ステークスもサートゥナーリアの2着といえば聞こえはいいが、3着以下は低レベルすぎる一戦だった。

前走の負けが本来の実力とみてよさそうで、距離短縮はプラスだが、基本的には軽視でよさそう。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

新馬戦は負けてしまったものの、1.2着馬は内枠から先行した2頭でこの馬は大外枠からのスタート。

これだけでも、距離ロスさえなければと思わされる内容だが、パトロールビデオを見ると他馬と接触したり、外からかかった馬に競りかけられたりと距離ロスだけでない敗因もあった。

未勝利戦では道中まだまだ幼い感じではあったが、上がり最速を使っての完勝。

前走は、はっきり言って騎手が下手すぎ。パトロールビデオを見ても全く何がしたいのかわからないような競馬で度外視でいい。

今回は乗りなれた騎手に戻りますし、距離短縮でねらい目はありそう。

 

スポンサーリンク