【アーリントンカップ2019 予想】

スポンサーリンク

 

2019年4月13日に阪神競馬場、芝1600mで行われるアーリントンカップの予想です!

今年のアーリントンカップの主な出走予定馬は、フォッサマグナ、ヴァンドギャルド、ヴァルディゼール、ミッキーブリランテ、カテドラル、ユニコーンライオンなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→アーリントンカップ 展望

 

アーリントンカップ 予想

 

2018年より開幕週から最終週に開催時期が変更され、本格的にNHKマイルカップの前哨戦になったアーリントンカップ。

昨年こそ、NHKマイルカップの勝ち馬はニュージランドトロフィーからでたが、基本的にはこちらの方がハイレベルになるはず。

先週の桜花賞でかなりいい時計が出たので、このレースもかなり早い時計での決着になりそう。

 

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走、全く競馬になっていなかったこの馬を狙ってみたい。

新馬戦は中山のマイル戦で、大外枠からのスタート。

それだけでも不利だったが、スタート後他馬にぶつけられたり、外からかかった馬に競りかけられたりと、距離ロスだけでない敗因があった。

前走のスプリングステークスは、乗り替わりになり全く意味のわからない競馬での負けで度外視可能。

今回は元の騎手に戻るし、距離短縮もいい方に働きそう。

 

○フォッサマグナ

完全に前残りの流れになった中京1400mの新馬戦では、楽な手ごたえで4コーナー大外を回りながら、ポジションを上げてきて上がり2位の馬より1秒も早い33.7の上がりを使って完勝。

共同通信杯では、スローの1800mがリズムに合わず4着だったが、自己条件に戻した前走は終始外々を回りながら、直線ではあっさり先頭に立ち、タニノミッションを引き離しながら最後までグイグイ伸びた。

流石に1番人気はやり過ぎだと思うが、有力だろう。

 

▲ヴァンドギャルド

ホープフルステークスは進路が狭くなる不利があり、前走の毎日杯は完全に脚を余す形になった。

東スポ杯、ホープフルステークスで好走した馬はなかなか結果が出ていないのが気になるところだが。

 

☆ヴァルディゼール

新馬戦は相手こそ弱かったものの、12.3-11.6-11.2という加速ラップで離しての完勝。

シンザン記念も2着、3着、4着馬が外を回すロスの多い競馬をしている中、内でじっと脚を溜めて内から突き抜けた。

前走は恵まれた形だったし、時計のかかる馬場でしか走ったことがないので走ってみないとわからない部分も大きいが、今回も内枠を引けたのでこのくらいの評価はしておきたい。

 

△1 ミッキーブリランテ

前走のシンザン記念は外枠を引いてしまったことに加え、出遅れポジションが悪くなってしまい後方でかかってしまっていた。

それでも、外を回しながら一度は先頭に立つシーンを見せるなど、見せ場は十分にあった。

前走内容から注目していた馬だったが、今回も残念ながら外枠。能力は高いと思うのだが、今の阪神でダラダラ外を回らされて、外から差し切れるかは疑問。

コースロスなく乗れれば面白い存在。

 

△2 トオヤリトセント

名前が呼びにくい(笑)

1600mは未知数だが、ここまで安定した末脚を使えている。

スローの決め手勝負になれば。

 

△3 カテドラル

近走の走りはイマイチだが、新馬戦はメンバーの揃った中京2000mでの完勝だったし、野路菊ステークスでは展開利があったとは言えヴェロックスに先着。

距離短縮がいい刺激になれば。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇フォッサマグナ
▲ヴァンドギャルド
☆ヴァルディゼール
△1 ミッキーブリランテ
△2 トオヤリトセント
△3 カテドラル

 

買い方

 

3連複

◎-○▲☆-印

◎-○▲☆△1△2-○▲☆△1△2

 

馬単

◎→○▲☆△1△2

 

 

スポンサーリンク