【アンタレスステークス2019 予想】

スポンサーリンク

 

2019年4月14日に阪神競馬場、ダート1800mで行われるアンタレスステークスの予想です!

今年のアンタレスステークスの主な出走予定馬は、グリム、ウェスタールンド、ロンドンタウン、ヒラボクラターシュ、テーオーエナジー、、アナザートゥルース、ナムラアラシなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→アンタレスステークス 予想

 

アンタレスステークス 予想

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

先行したい馬が多く、ハイペースになりそうなので、この馬の追い込みに期待したい。

前走の仁川ステークスはスローペースになり、前残りの競馬になった上に直接では追い出しが遅れて完全に脚を余す形に。

乗り替わりは歓迎できないが、馬場が悪化しても追い込んで来れるタイプだし、展開さえ向けば。

 

対抗○ウェスタールンド

ダートに路線を変えてからパフォーマンスが一気に上昇。

武蔵野ステークスでは負けてしまったが、芝スタートだったし、オドノヒュー騎手が道中から急かして動かしていく競馬があっていなかった。

前走のチャンピオンズカップは、内が圧倒的に有利な馬場状態で、恵まれ過ぎた部分もあるが、じっくり乗れば確実に伸びてこれるだろう。

人気の追い込み馬だが、今回は展開も向きそう。

 

▲テーオーエナジー

先行馬ならこの馬を最上位評価したい。

前走のマーチステークスは、直線で一度ブレーキをかけるようなシーンがあり後続からきたスピードに乗っている馬に一気に交わされてしまっての10着大敗。

乗れていない田辺騎手からの乗り替わりはプラスになるはずだし、ハナにこだわる必要もないので消耗戦になれば浮上してきそう。

 

☆クロスケ

中央に挑戦するようになって今回で4戦目。

芝→ダート短距離と合わない条件を使われていたから結果を出せなかっただけで、前走内容を考えれば中央でも能力は通用しそう。

 

△1 ヒラボクラターシュ

名古屋大賞典は4コーナーでスムーズに抜け出すことが出来ず、グリムに負けてしまったが脚を余す形。

前走のマーチステークスも4コーナーで置かれるようなシーンがあり、この馬のスタミナを生かせるような競馬にならなかった。

今回は外枠を引けたので包まれることなく競馬が出来そう。

きついローテでここまで来ているが、スムーズに先行できれば。

 

△2 グリム

好走しているときは、展開に恵まれている部分があり、今回は久しぶりの中央競馬で楽には逃げられないだろう。

時計の出る馬場というのも合ってなさそう。

 

△3 アナザートゥルース

中山ダートでの成績がいいことを考えても、この馬の持ち味はスタミナ。

パサパサのダートの方がいいタイプ。

 

△4 ロンドンタウン

力の要らない馬場の方が向いているタイプだと思っていたのだが、前走は中山ダートで好走しよくわからない馬になってしまった。

調子はよさそうだし、内枠を引いたのでロスのない競馬をすれば。

 

△5 リーゼントロック

走っても走っても人気にならないタイプ。

近走は出来すぎなイメージがあるが、人気もないので一度崩れるまでは抑えておいた方がいいだろう。

 

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ウェスタールンド
▲テーオーエナジー
☆クロスケ
△1 ヒラボクラターシュ
△2 グリム
△3 アナザートゥルース
△4 ロンドンタウン
△5 リーゼントロック

 

買い方

 

馬連

◎-○▲☆△1

3連複

◎-○▲☆-印

 

スポンサーリンク