【きさらぎ賞2019 展望】今年も堅そう!?

スポンサーリンク

 

こんばんは!

嵐の休止発表には驚かされましたね。

SMAPのときのメディアの妄想合戦には嫌気がさしていましたが、なんでもあっさり話してくれるのでそれはそれで物足りないような(笑)

 

 

きさらぎ賞 展望

 

2019年2月3日に京都競馬場、芝1800mで行われるきさらぎ賞(GⅢ)の展望です!

今年のきさらぎ賞の主な出走馬は、ヴァンドギャルド、ダノンチェイサー、アガラス、エングレーバー、メイショウテンゲン、ハギノアップロードなど。

 

過去5年のデータ

 

少頭数になることが多いレースで、よーいどんの末脚勝負になることが多いレース。

基本的に荒れないレースなので、素直に一番いい末脚を持っている馬を買えばいい。

馬券的にはあまり面白くないレースかも(^^;

 

出走馬一言考察

 

アガラス

新馬戦はルメールらしくきっちりポジションを確保して、直線楽々抜け出し。
2~4着まであっさり未勝利を勝ちあがっているし、レベルの高い新馬戦だった。

断然人気を背負ったコスモス賞こそ、札幌やや重馬場でのスタミナ勝負でナイママに敗れてしまったが、これは適性の差が出ただけだろう。

東スポ杯2歳ステークスはこれまでと一変し出遅れて後方からの競馬になったが、馬群を捌きながらニシノデイジーと差のないところまで追いこみ能力の高さとレースセンスの良さを感じさせる1戦だった。

関西競馬での戸崎騎手が騎乗するというのがネック。

 

ヴァンドギャルド

前走のホープフルは強い馬が楽に先行したことで、後方の馬にはノーチャンスになったレースで後方からレースを進めて6着。

それも道中折り合いを欠き、直線でも前がふさがる場面があってのものなので着順以上に価値があった。

ただ、最近はこういう馬は過剰人気になるので美味しい馬になりにくいし、不利を受けやすい馬というパターンもある。

C.デムーロからのM.デムーロへの乗り替わりは間違いなくプラス。

 

ダノンチェイサー

新馬戦はカテドラルが勝った中京2000m。

未勝利戦こそレベルが低かったものの、きんもくせい特別、こうやまき賞は時計が非常に優秀。

東スポ杯と比べてしまうとどうしても見劣りしてしまう感じはあるが、上位2頭より今の時計のかかる京都競馬は合っていそう。

 

エングレーバー

新馬戦ではゲートで立ちあがったり、道中でいきたがるそぶりを見せたりとオルフェーブル産駒らしい幼さを見せたが、2戦目ではそういう面が解消し連勝。

追われてからの反応が素晴らしく、すっと4コーナーで前を捕まえられる瞬発力がある反面、そこからの伸びが案外なのが気になるところ。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

まだまだ幼い面があるが、今の時計のかかる京都の馬場ならこの馬が面白そう。

勝ちあがるまでに時間はかかってしまったが、エンジンのかかりが遅くようやく伸びてきたところがゴールというレースばかりだった。

上位人気が時計のかかる馬場を苦にする場面があれば、この馬でも好走の余地はあるだろう。

 

スポンサーリンク