シルクロードステークス

このレースは展望記事で紹介したように、圧倒的に内枠が有利なレース。

シルクロードステークスの傾向、展望記事はこちら→ http://wp.me/p75uNZ-3M

面白そうな穴馬が内枠に入ればと思っていたが、狙いたいと思っていた馬がこぞって外枠に…

本命はセイウンコウセイ
例年の傾向通りであれば、外枠のこの馬を買うのは少し躊躇するべきところなのだが、今年は例年より馬場状態が悪い。
昨日のレースでもポツンが決まったり、ディープインパクトよりハービンジャー産駒が活躍したりとパワーとスタミナが要求させる馬場状態になっている。
この馬自身も、スタートが早いタイプの逃げ馬ではなく2の脚が早いタイプ。
下手に外にスタートが早い馬がいるよりも、外枠からスピードをつけていくほうが向いている。
1200mで上がりが要求されない競馬になれば、この馬が一番強そう。

ソルヴェイグ
短距離にしてからレースぶりが良化。
抜群のスタートセンスを持つ馬で、立ち回りも非常に上手なタイプ。
内枠に入れたことと、デムーロ騎乗で人気になりすぎている感じはあるが…

ラインスピリット
前走は淀短距離ステークスを3着。
逃げないと厳しい馬だったが、58kgで後方から競馬ができたのは収穫だったと言える。
今回は、前走の相手が斤量据え置きなのに対してこの馬は2kg減。
地味なタイプの馬で人気になりにくいし、今回は絶好の1枠。
時計が早すぎないというのもこの馬にはプラスだろう。

ブランボヌール
前走は内で詰まってしまい、最後まで追えておらず度外視でいい。
ソルヴェイグにも先着しているし、外枠でかなり嫌われているので逆に買ってみたい。

ヒルノデイバロー
この馬に関しては、内枠はプラスと言えるか微妙だが前走は上がり最速で6着。
そこから2kg減ならば、通用してもいい。
ダートで勝ち上がってきたというのも今の馬場ならプラスに働くかも。

ダイシンサンダー
2桁人気の馬が毎年好走しているレースで、今年あり得そうなのはこの馬ではないのだろうか。
外枠を引いてしまったのが非常に残念だが、一応抑えてはおきたい。

ネロ
基本的に京都は合わなそう。
いい枠を引くこともできなかったし、ここまで人気ならこのくらいの評価にしておきたい。

◎セイウンコウセイ
〇ソルヴェイグ
▲ブランボヌール
☆ラインスピリット
△ヒルノデイバロー
△ダイシンサンダー
△ネロ
△セカンドテーブル

買い方

◎―〇▲☆ 馬連
◎―〇▲-〇▲☆△ 3連複

ボーナス

◎→〇▲☆ 馬単