根岸ステークスって人気なレースですよね。
東京1400mの重賞はこれしかないので、面白いレースを期待したいです!

今回は気合を入れて記事を書いてみました!!
なかなか写真が上手く取れず、見にくいかもしれませんがご容赦ください。m(_ _”m)

シルクロードステークスも予想しています→ http://wp.me/p75uNZ-4Y

根岸ステークス

根岸ステークスの展望記事→ http://wp.me/p75uNZ-4Y

このレースは本当に差しが決まりやすいレース。
馬場状態を見てみても、ペースが速くなればしっかり差しが決まる。

本命はタールタン
全く人気はないが、こんなにバカにされるような馬ではない。

前走のカペラステークス

スタートの様子

まずまずのスタートを切り押してポジションを取ろうと押していきますが、

馬が首を上げるほどの不利。
この後も馬に挟まれることがあり、ポジションが後ろになるだけではなくかなりストレスがかかるレースに。

外に出すこともできず、内に入れることもできないまま4コーナーを迎えて膨れながら4コーナーをカーブ。

膨らみながらかなり窮屈なレースをしているタールタンに比べて、上位の馬は砂を被らずスムーズな競馬。

上位陣との位置取りの差も明らかでここから上がり最速を使い5着というのはかなり評価してもいいのではないだろうか。

しかも、今回は一番得意な東京の1400m戦。
このレースを見ても年齢的な衰えは感じないし、食い込んで来れるのではないだろうか。

対抗は思ったより人気がない〇ベストウォーリア
1400mでの安定感は抜群。
2着続きで、ソルテあたりに負けてしまっているというのは気になるところではあるが今回のメンバーでも実績はずば抜けている。
戸崎騎手も調子を取り戻しつつあるようだし、安定感を買ってみたい。

カフジテイク
流石に少々人気しすぎな感じ。前走派手なレースをした馬というのは人気になりやすい。
それが目立ちやすいGⅠならなおさら。
レース傾向を調べても、差しが決まりやすいレースというのはすぐに出てくるし、

ブルミラコロ
前走の三河ステークスで2着のキタサンサジンと4着のアルタイルはしっかり1600万を卒業。
このレースで成績がいいサンデーサイレンス系の血統で、いきなり通用しても驚けない。

ラストダンサー
ニシケンモノノフ
キングズガード

馬券の買い方

タールタンは頭はなさそうなタイプなので複軸。
ベストマッチョも不安要素がある割に売れているので、嫌った馬券の組み方をしてみたい。

本線は

◎―〇▲ のワイド。
おそらく、15倍はつくと思うので、ここはしっかり買っておきたい。

3連複

◎―〇▲―〇▲☆△

ボーナス

3連単

▲☆→〇⇔◎