中京競馬場で行われるCBC賞(GⅢ)の展望です!

CBC賞は開幕週の中京競馬場で行われる芝の1200m戦。
主な出走馬はメラグラーナ、シャイニングレイ、アルティマブラッド、エイシンスパルタン、トウショウドラフタなど。

過去の傾向

CBC賞

このレースに限らず、中京競馬場の芝コースで重要なのはとにかく馬場状態。
元々は時代と逆行するような外差しが決まる競馬場だったが、昨年の高松宮記念で馬場が超高速にされてから、早い時計が出る馬場状態に。
雨が降ったり、馬場操作をされると一気に真逆に動くこともあるので土曜日や当日の馬場状態には注意を払いたいところ。

外枠の好走が目立つデータになっているが、今年はそうなりそうもないので内を狙うのがセオリーだろう。

有力馬考察

メラグラーナ

前走の高松宮記念は雨の影響を受けて、かなり読むのが難しい馬場状態だったが、終わってみれば4コーナーで内を突いた馬が上位を占めた。

2017年高松宮記念結果

そんな中外枠発走で、4コーナーでは外を回るロス。
相手は強かったし、度外視でもいいはず。
1000万条件のフィリピントロフィーでは好タイムで勝っていますし、条件は合っているはず。
ただ、短距離界はレベルが低いしラピスラズリSやオーシャンステークスで倒した相手も大して強くない。
ぶっ飛ぶときは思いっきり飛ぶので、1番人気なら飛んだ場合の馬券を持っておきたい。

シャイニングレイ

ドゥラメンテ世代の1頭で、新馬戦、ホープフルステークスと連勝してクラシックの主役候補になったが、弥生賞で負けた後故障で長期休養。
前走は1400mで復活しましたが、かなり人気を被るタイプですし更なる距離短縮はプラスには働かないだろう。

アルティマブラッド

春雷Sは完全に前に有利なトラックバイアスが働いており、外枠だったとはいえ恵まれた部分が大きかった。
先行有利な馬場になり、内枠を引くことができれば評価を上げても良さそう。

エイシンスパルタン

前走の阪神カップでは、スローの瞬発力勝負になってしまい持ち味を生かせなかった。
距離短縮の今回は条件が好転したと言えるし、実績的にはこのメンバーでも上位。
藤岡佑介騎手というのが何となく不安だが、好枠を引いて持ち味を生かせる競馬になれば。

前日の馬場状態を見ないと何とも言えないが、基本的には穴馬を狙いたいレース。

このレースで狙ってみたい穴馬はこちら↓

競馬ブログランキングへ

前走はGⅠだったので相手が強く、展開も向かなかった。
今回は斤量が5kg減で、距離短縮。
血統や騎手なども地味で人気を被りにくい馬だし、立ち回り次第では馬券内があってもいいだろう。